ヒトラーが「良い独裁者」として生涯を終えるにはどうすればよかったの?

1 ::2020/08/29(土) 17:32:44.64 ID:XyD5iYQT0●.net ?2BP(2000)
http://img.5ch.net/ico/o_po.gif
そうなる可能性はあったと思うんだが
民衆に選ばれたリーダーだし
少なくともあんなズタズタにされないで済むタイミングはなかったのか

498 :コルディイモナス(東京都) [DE]:2020/08/30(日) 11:03:38 ID:6lvp338B0.net

>>452
我が闘争にロシアを含む東欧にドイツ人を植民して
偉大なゲルマン民族国家を建設と謳っている以上
ソ連と戦争しないという選択肢はなくなったからなあ

成り上がりの独裁者だから有言実行で全て成功させないと
正統性が帯びて来ないという問題があった

伝統ある帝王じゃないから次々に大風呂敷を広げて有言実行で
成功させていかないとあっという間に正統性がしぼんでしまうんだわ

ヒトラーは一から正統性を築き上げてナチスの伝統を作っていかなければならなかった
政権を取った時点で後戻りできない道になってた
政権を取るには我が闘争のような大風呂敷広げたりドイツ人が嫌悪するユダヤへの排斥は絶対に必要なことだった

512 ::2020/08/30(日) 11:25:55.45 ID:15qZSEqO0.net

>>507
スターリンが部下の報告を信じて無かったのが原因、ヒトラーが二正面作戦なんて自殺行為を犯すはずが無いってね
侵攻された直後ですら部下の報告を疑っていた

140 :フィンブリイモナス(大阪府) [ニダ]:2020/08/29(土) 18:56:46 ID:hcSUYb+g0.net

同盟国に恵まれなかったからなあ
まあはみ出し者連合だから仕方ないが

682 :ビブリオ(神奈川県) [US]:2020/08/31(月) 08:11:39 ID:fEvOAbcc0.net

「タミヤ模型」の本社は立派なビルなんだよね
エントランスにヒトラーの胸像飾って、社長がその前で「ハイルハイルガッポリ(入る入るがっぽり)」
とやっても良いくらい

470 ::2020/08/30(日) 10:45:03.93 ID:Qclw2JYf0.net

>>465
ドイツとしては第一次大戦の恨みでポーランドとフランスだけは殺すだったからフランスに喧嘩を売らない選択肢はなかっただろう

208 ::2020/08/29(土) 19:43:23.96 ID:fWDwrg650.net

朝鮮人を根絶

23 ::2020/08/29(土) 17:44:05.43 ID:NfvN/FHz0.net

経済だけ担当していたら有能だった

435 ::2020/08/30(日) 10:17:00.51 ID:DZFttrX60.net

>>427
モスクワまで一点集中でいっとけば終わっただろうに

203 ::2020/08/29(土) 19:39:25.99 ID:xPQtoDjW0.net

>>199
勝てば官軍って言うけど、結局、戦争は政治の延長
政治的に問題があったら勝てないよ

ファシズムはイデオロギーの普遍性において共産主義に敗北していた

479 ::2020/08/30(日) 10:53:03.39 ID:wNGP1YQe0.net

>>465
いや、ソ連の生産力は当時のアメリカに匹敵しており、、陸戦兵器の性能まで考えると凌駕してた。
正確には独ソ戦中にそこまで持っていき、更に生産力を増強してた。
それゆえ、東西冷戦になる。

英仏はゴミ。

445 ::2020/08/30(日) 10:27:14.92 ID:wNGP1YQe0.net

551 ::2020/08/30(日) 12:52:17.82 ID:K43RYYas0.net

モスクワ正面までドイツ軍に迫られてクレムリンでは書類焼却までやってるからな

361 ::2020/08/30(日) 05:18:08.41 ID:FgdkIi0l0.net

あの頃のドイツの兵器って人さえ殺さなきゃロマンの塊だよな列車砲とかシビれるわ

660 :エルシミクロビウム(ジパング) [CN]:2020/08/31(月) 01:20:27 ID:pbQRsMja0.net

独ソ戦も実際モスクワまであと数百キロぐらいまでは行ったんだよな。
例年より早い寒波とT-34という歴史に残る名戦車にとても敵わなかった。冬将軍強すぎる。

761 ::2020/09/01(火) 15:10:31.94 ID:WTWb0Mex0.net

まあ、戦争は数だよっていうのをそのままやったんだろうな
量は質に勝る

478 ::2020/08/30(日) 10:53:00.15 ID:15qZSEqO0.net

>>448
モスクワ陥落でドイツ側に寝返る反ロ感情高い地域、都市が出てくるから相当追い詰められると思うがな

13 :ネンジュモ(東京都) [US]:2020/08/29(土) 17:39:00 ID:nyJYX5Ce0.net

対ソ戦始める前に失脚してたら仮にドイツ負けてもここまで悪人に仕立て上げられることはなかったたろうな

605 :ネイッセリア(岩手県) [CN]:2020/08/30(日) 15:44:29 ID:qXssn4gt0.net

白人側が同意の上とはいえ
覇権を握る活路を見出すため自国を破壊するとかさ。
もう限界ですよ。オマエラは生活のため黙殺するし。

616 :アルテロモナス(神奈川県) [US]:2020/08/30(日) 16:12:09 ID:qXIRDmlP0.net

なんでもいいけど
ごたごた書かずに整理して

47 ::2020/08/29(土) 17:57:43.19 ID:WnmbrAXp0.net

それにしても彼の日本人観だかアジア人観だったか
当たり過ぎてて怖い
というかあれだけボロクソ貶されてそのまんまトレースしてる今の日本クソだせえw

265 ::2020/08/29(土) 21:12:33.52 ID:xPQtoDjW0.net

>>263
2000万死んだソ連が、原爆の一発や二発でびびるだろうか?

248 :リゾビウム(西日本) [PL]:2020/08/29(土) 20:35:10 ID:bSmU1/8X0.net

良いもなにもない。人格障害だよ

144 ::2020/08/29(土) 19:01:28.42 ID:CZLpSr8p0.net

>>50
おっぱいの皮のスタンドとかも?

766 ::2020/09/01(火) 15:51:49.46 ID:Y3QVKKXD0.net

>>761

大元帥の縦深攻撃凄スギイ!

526 :コルディイモナス(東京都) [DE]:2020/08/30(日) 12:02:12 ID:6lvp338B0.net

>>514
ウクライナ農民を数百万人餓死させながらの飢餓輸出で
莫大な外貨を獲得して、それでフランスから大量の工作機械を
買い入れてたからなあ

そういう情報とウラル以東に大都市がいくつもあるのを
計算に入れれば一筋縄ではいかないことくらい分かりそうなもんだけどな
なんかドイツって英米に比べて戦略が甘い感じがする

スターリンの大粛清による絶対権力確立も戦争では威力を発揮する訳だし

576 :テルモゲマティスポラ(北海道) [US]:2020/08/30(日) 13:45:28 ID:7OaBTGZ/0.net

どうだ怖いだろ?的なのもう古いから
黙ってやれ

22 ::2020/08/29(土) 17:42:23.84 ID:35Uiqv2T0.net

あんまり知られてないみたいだけど、フランス人のユダヤ人嫌いも相当なもんだよな。

310 :パルヴルアーキュラ(東京都) [DE]:2020/08/29(土) 22:50:58 ID:rvwfi3rq0.net

>>308
うん、ほかに道はないな

国民が納得してついて来てくれるようにするには有言実行じゃないとな
ただの庶民から成り上がったんだから有言実行で全て成功させてやっと
正統性が帯びてくる

政権の座に就いて有言実行で経済政策を成功させてやっと支持率が50%を超えたしな(一気に90%以上だったかな)
政権取る前は議席過半数取れずじまいだった。保守派の取り込みに成功してようやく政権奪取だし

7 :デイノコック(ジパング) [EG]:2020/08/29(土) 17:35:12 ID:EzvNLI7N0.net

ヒットラーがイスラエルを建国してユダヤ人を強制移住されせれば良かったんだ。
当時のドイツの軍事力なら簡単だったはず。
ガス室で殺したから英雄になれなかった。

516 ::2020/08/30(日) 11:31:26.20 ID:Rmo0GrME0.net

半島ゴキブリ駆除だろ

600 :アルマティモナス(埼玉県) [ZA]:2020/08/30(日) 15:34:16 ID:SMkMGf2E0.net

>>596
まあ、太平洋の覇権を賭けた戦いだからいつか衝突したとは思うよ、日米は
両雄並び立たずだ

むしろ、1941年の開戦でラッキーだったかも
それ以降だと、共産勢力が介入して、日本も朝鮮のほうに分断されてたかも
アメリカに占領されたのは、運がいいのか悪いのかわからんな

401 ::2020/08/30(日) 09:16:25.40 ID:SCXoDFam0.net

>>288
前半は大粛清でまともな指揮官が居なかったから
中盤は言わずと知れたソ連国防人民委員令第227号
後半は劣勢のドイツが局地的勝利でも捕虜を取らなくなったから

324 :プランクトミセス(ジパング) [GB]:2020/08/29(土) 23:32:28 ID:saSS3iAu0.net

自分で理想的な架空戦記を書けばいい。
題名は「シン・高い城の男」。

664 ::2020/08/31(月) 01:54:18.30 ID:hoBhjjQ/0.net

自国民がムッソリーニを倒して連合国側に寝返ったから
戦勝国だと堂々と言ってる

117 ::2020/08/29(土) 18:36:00.55 ID:e3Mw2c8x0.net

ユダヤ人を殺しきる
アイツの言ってたこと正しいからな
ユダヤ人はクズだよ

673 :パスツーレラ(茸) [US]:2020/08/31(月) 06:09:57 ID:S8sspXeQ0.net

ミュンヘン会談まで

318 ::2020/08/29(土) 23:16:33.14 ID:rvwfi3rq0.net

>>317
ポーランド人「お前が言うな、お前が一番ひどかった!」

721 ::2020/08/31(月) 13:33:51.83 ID:vzq0dBxI0.net

>>710
「ソ連兵との会話」を読む限り、学校のイジめ的な迫害はあったものの普通に従軍してるし、戦功表象も受けてる。
(なぜ俺にはくれないってな不満は書かれてる)

93 :テルモゲマティスポラ(庭) [US]:2020/08/29(土) 18:21:37 ID:P7CWp0iG0.net

>>88
ロシア方面にユダヤ人を移住ささたかったかららしい。

368 ::2020/08/30(日) 06:20:30.86 ID:T3wThbQo0.net

ドイツの経済を立て直した政策がヒトラー以外にできなかったのかを知りたい

8 :クトニオバクター(東日本) [ニダ]:2020/08/29(土) 17:35:41 ID:Y9AzQxTF0.net

21世紀にタイムリープする

437 ::2020/08/30(日) 10:19:11.55 ID:dh+uMZ650.net

>>432
ドイツは不器用だからそんな真似出来ねえよ
あれだけ悪どくやった英米も結局半永久的にイスラムを敵に回す事になったしな

113 :ナトロアナエロビウス(静岡県) [KR]:2020/08/29(土) 18:33:37 ID:h4l9cNn+0.net

>>109
独裁の良いところもあるだろう

369 ::2020/08/30(日) 06:24:15.47 ID:pUtudvc/0.net

>>1
志位や枝野が詳しいみたいだよ

659 :ミクロコックス(茸) [IN]:2020/08/31(月) 01:17:57 ID:3Vm5Y2Ll0.net

>>627
韓国が戦勝国を名乗っていることに比べたらどうってこと無い

626 :コルディイモナス(東京都) [DE]:2020/08/30(日) 18:13:45 ID:6lvp338B0.net

>>585
ヒトラーが首相になるには我が闘争という侵略宣言の大風呂敷と
ドイツ人に忌み嫌われてるユダヤ迫害が必須だった

どっちか一つでもやらないということなら政権など取れてないし
ナチスの幹部たちもヒトラーから離れて行ってしまう

当時のドイツの状況で弱小色物政党だったナチスが権力奪取するのに
どっちも必要な事だった

ヒトラー「現状のドイツ領土を維持に専念し旧領回復はしません。
ユダヤ人は悪い人じゃないから迫害しないで、ユダヤ陰謀論は嘘です騙されないで!」

当時のドイツ人がこんなヒトラーに1票入れると思う?
バカにされて終わりだよ。ナチスの幹部も見限って党から叩き出すだろう

475 :コリネバクテリウム(やわらか銀行) [DK]:2020/08/30(日) 10:48:55 ID:15qZSEqO0.net

>>399
チャーチルが徹底抗戦路線でヒトラーは対英戦の理由も無く早期講和を望んでたぞ
兵器開発も対英を想定していなかった

698 :ハロプラズマ(光) [CN]:2020/08/31(月) 11:04:24 ID:vzq0dBxI0.net

>>643
戦車に至ってはT34だけで8万4000両も作ってる。
しかも攻守走のバランスがいいWW2最高評価な戦車。

752 ::2020/09/01(火) 09:03:37.45 ID:jDljLmiu0.net

ロサンゼルスの戦いをみると
いかに奴らがブルってたわかるw

216 :エントモプラズマ(ジパング) [CN]:2020/08/29(土) 19:53:22 ID:IPvGZsgR0.net

最も成功?したファシストは
スペインのフランコ将軍だろう
まあWW2は傍観者だったが…

ヒ総統はソ連とやっちゃったのが致命的
独裁者同士で仲良しこよしすべきだった