■日本全国の郵便局からマスコミ各社に内部告発■

1 :〒□□□-□□□□:2019/10/30(水) 19:09:56.98 ID:cAx57gko.net
■■ かんぽ問題、「SNS厳禁」に局員憤り 内部告発を牽制 ■■
日本全国の郵便局からマスコミ各社・総務省・金融庁へブラック企業日本郵政グループを内部告発しましょう。
ブラック企業大賞2016の特別賞・WEB賞ダブル受賞の日本郵便(株)未だ改善されず。

■■総務相、日本郵政に「厳正対処」■■
2019/8/2 12:48 (2019/8/2 12:50 更新) 共同通信
石田真敏総務相は2日の閣議後に記者会見し、大規模な不正販売が発覚したかんぽ生命保険と販売した日本郵便の親会社である日本郵政に対し
「(3社の)調査結果を踏まえ厳正に対処する」と述べた。
 
週刊東洋経済
情報量と分析力で定評のある総合経済誌。制作にかける2019年8月31日号
2019年8月26日 発売
■■日本郵便「社員が横山邦男社長にぶつけた不満」の全記録■■・・・・・週刊東洋経済
●返答はノルマ肯定、お付き合い容認、自爆放置

■■【西日本新聞ニュース】 連載「ひずむ郵政 民営化12年の現場」・・・・・・ 日本郵政グループ全体の内部告発記事連載■■
http://www.nishinippon.co.jp › テーマ一覧
2019/07/30 – 連載「ひずむ郵政民営化12年の現場」|不正営業に揺れる日本郵政グループ。
郵便局という巨大組織が抱える問題を探ります。
7/30(火) 9:02配信 西日本新聞 7/30(火) 9:02配信
「評価下げるぞ」郵便局の時短圧力、限界の配達員 相次ぐ休退職、自殺者も…

★Youtube見てね。自爆営業は事実で、揉み消すのに必死な日本郵政の本社幹部職員
★Youtube検索・・・【 元郵便局長証言「こうして自爆営業は生まれる。】ブラック企業日本郵便の本質が見れます。

■「慢性的な人手不足が続き、 ※全国の郵便局で昼休みの食い込み労働が頻繁にある状態だ。
昼休みに帰局してないバイク・軽四を画像で証拠残しをお勧め致します。電波時間付きが理想です。!
 DOSSとガントチャートのこれまでのチェック!

2 :〒□□□-□□□□:2019/10/30(水) 19:12:07.54 ID:cAx57gko

■■※週刊ポスト2019年8月30日号■■

今回の日本郵政グループを巡る一連の不祥事の本質は「高齢者層が狙われた」という点に尽きる。
 かんぽ生命は保険料を二重に徴収するなど不適切販売の恐れのある契約が、過去5年だけで約18万件にのぼることを明らかにした。
“被害”がここまで拡大したのは、多くの高齢者が「郵便局ブランド」に絶大な信頼を寄せていたからだ。
保険評論家の山野井良民氏が指摘する。

「全国に約2万4000ある郵便局は、かんぽ生命から保険販売業務を委託され、保険代理店として販売活動を行なっています。
同時に、ゆうちょ銀行の銀行代理店でもある。2007年の郵政民営化以降も、事実上の政府保証のある“半官半民状態”です。
 それゆえ、とくに高齢者や地方在住者には絶大の信頼があった。郵便局で長年コツコツと貯金し、貯蓄のために長期の養老保険に加入する。
“お金は郵便局に任せて間違いない”と思われてきた。今回、明らかになった不正販売問題は、いわばその信頼を悪用したものといわれても仕方ない」
 
背景には、日本郵政グループの歪(いびつ)な収益構造がある。日本郵政グループの「4社体制」を図示した。
持ち株会社の「日本郵政」の下に「ゆうちょ銀行」「かんぽ生命保険」「日本郵便」の3社が並ぶ。楽天証券経済研究所客員研究員の経済評論家・山崎元氏が解説する。
「郵便物の需要が年々減るなかで、全国津々浦々の郵便網を維持しなくてはならない『日本郵便』の経営は厳しい。
郵便局員が『かんぽ生命』や『ゆうちょ銀行』の商品を窓口で販売して手数料を稼ぎ、金融ビジネスの収益で店舗網を維持する構図になっている」

3 :〒□□□-□□□□:2019/10/30(水) 19:13:22.79 ID:cAx57gko

■■※週刊ポスト2019年8月30日号続■■

かんぽ生命だけでなく、ゆうちょ銀行も、70歳以上の高齢者に対してリスクを十分説明しないまま投資信託を販売していた疑いが指摘されている。
今年6月に発覚したこの問題では、全国に約230ある、ゆうちょ銀行直営店の約9割で、
高齢者への勧誘・販売の際に健康状態や理解力を確認する社内ルールが守られていなかったことが明らかにされたのだ。
そうしたルールを逸脱した投信販売が横行した背景にも、日本郵政グループの収益構造の問題があると考えられている。前出・山崎氏が指摘する。

「かんぽ生命の問題と同様に、ゆうちょ銀行の投信販売でも、上からは数字を求められる一方で、現場はずさんな売り方が許される環境が放置されていたということでしょう。
局員は保険や投信を売ることで得られる販売手当のために不正に及んだのです」
 局員には厳しい販売ノルマが課され、結果として郵便局を信頼してきた人たちが被害を受けたというわけだ。

4 :〒□□□-□□□□:2019/10/30(水) 19:18:15.93 ID:CT7bch6X

4ゲット
ありがとうアドバイス ありがとう日本
こんなにガーガー言われて肌身が狭いな

http://toro.5ch.net/test/read.cgi/nenga/1278688160/818-824

5 :〒□□□-□□□□:2019/10/30(水) 19:25:36.92 ID:cAx57gko

■■日本全国の郵便局からマスコミ各社・総務省・金融庁へ内部告発して,日本郵政グループ上層部を世直し! 悪しき天下り先の撲滅しましょう。■■
★特定郵便局を全国的に減らして事業の健全化を推進すべきである。特定郵便局局長を無くして職員に任せる。

●かんぽ問題、「SNS厳禁」に局員憤り 内部告発を牽制 ・・・・・・日本郵政グループのブラック企業を暴露内部告発しましょう。■■
ブラック企業大賞2016の特別賞・WEB賞ダブル受賞の日本郵便(株)未だ改善されず。

■■総務相、日本郵政に「厳正対処」■■
2019/8/2 12:48 (2019/8/2 12:50 更新) 共同通信
石田真敏総務相は2日の閣議後に記者会見し、大規模な不正販売が発覚したかんぽ生命保険と販売した日本郵便の親会社である日本郵政に対し
「(3社の)調査結果を踏まえ厳正に対処する」と述べた。
 
週刊東洋経済
情報量と分析力で定評のある総合経済誌。制作にかける2019年8月31日号
2019年8月26日 発売
■■日本郵便「社員が横山邦男社長にぶつけた不満」の全記録■■・・・・・週刊東洋経済
●返答はノルマ肯定、お付き合い容認、自爆放置

■■【西日本新聞ニュース】 連載「ひずむ郵政 民営化12年の現場」・・・・・・ 日本郵政グループ全体の内部告発記事連載■■
http://www.nishinippon.co.jp › テーマ一覧
2019/07/30 – 連載「ひずむ郵政民営化12年の現場」|不正営業に揺れる日本郵政グループ。
郵便局という巨大組織が抱える問題を探ります。
7/30(火) 9:02配信 西日本新聞 7/30(火) 9:02配信
「評価下げるぞ」郵便局の時短圧力、限界の配達員 相次ぐ休退職、自殺者も…

★Youtube見てね。自爆営業は事実で、揉み消すのに必死な日本郵政の本社幹部職員
★Youtube検索・・・【 元郵便局長証言「こうして自爆営業は生まれる。】ブラック企業日本郵便の本質が見れます。

6 :〒□□□-□□□□:2019/10/30(水) 19:26:44.14 ID:cAx57gko

■■※週刊ポスト2019年8月30日号■■

今回の日本郵政グループを巡る一連の不祥事の本質は「高齢者層が狙われた」という点に尽きる。
 かんぽ生命は保険料を二重に徴収するなど不適切販売の恐れのある契約が、過去5年だけで約18万件にのぼることを明らかにした。
“被害”がここまで拡大したのは、多くの高齢者が「郵便局ブランド」に絶大な信頼を寄せていたからだ。
保険評論家の山野井良民氏が指摘する。

「全国に約2万4000ある郵便局は、かんぽ生命から保険販売業務を委託され、保険代理店として販売活動を行なっています。
同時に、ゆうちょ銀行の銀行代理店でもある。2007年の郵政民営化以降も、事実上の政府保証のある“半官半民状態”です。
 それゆえ、とくに高齢者や地方在住者には絶大の信頼があった。郵便局で長年コツコツと貯金し、貯蓄のために長期の養老保険に加入する。
“お金は郵便局に任せて間違いない”と思われてきた。今回、明らかになった不正販売問題は、いわばその信頼を悪用したものといわれても仕方ない」
 
背景には、日本郵政グループの歪(いびつ)な収益構造がある。日本郵政グループの「4社体制」を図示した。
持ち株会社の「日本郵政」の下に「ゆうちょ銀行」「かんぽ生命保険」「日本郵便」の3社が並ぶ。楽天証券経済研究所客員研究員の経済評論家・山崎元氏が解説する。
「郵便物の需要が年々減るなかで、全国津々浦々の郵便網を維持しなくてはならない『日本郵便』の経営は厳しい。
郵便局員が『かんぽ生命』や『ゆうちょ銀行』の商品を窓口で販売して手数料を稼ぎ、金融ビジネスの収益で店舗網を維持する構図になっている」

7 :〒□□□-□□□□:2019/10/30(水) 19:27:51.99 ID:cAx57gko

■■※週刊ポスト2019年8月30日号続■■

かんぽ生命だけでなく、ゆうちょ銀行も、70歳以上の高齢者に対してリスクを十分説明しないまま投資信託を販売していた疑いが指摘されている。
今年6月に発覚したこの問題では、全国に約230ある、ゆうちょ銀行直営店の約9割で、
高齢者への勧誘・販売の際に健康状態や理解力を確認する社内ルールが守られていなかったことが明らかにされたのだ。
そうしたルールを逸脱した投信販売が横行した背景にも、日本郵政グループの収益構造の問題があると考えられている。前出・山崎氏が指摘する。

「かんぽ生命の問題と同様に、ゆうちょ銀行の投信販売でも、上からは数字を求められる一方で、現場はずさんな売り方が許される環境が放置されていたということでしょう。
局員は保険や投信を売ることで得られる販売手当のために不正に及んだのです」
 局員には厳しい販売ノルマが課され、結果として郵便局を信頼してきた人たちが被害を受けたというわけだ。
■■日本全国の郵便局からマスコミ各社・総務省・金融庁へ内部告発して,日本郵政グループ上層部を世直し! 悪しき天下り先の撲滅しましょう。■■
★特定郵便局を全国的に減らして事業の健全化を推進すべきである。特定郵便局局長を無くして職員に任せる。

●かんぽ問題、「SNS厳禁」に局員憤り 内部告発を牽制 ・・・・・・日本郵政グループのブラック企業を暴露内部告発しましょう。■■
ブラック企業大賞2016の特別賞・WEB賞ダブル受賞の日本郵便(株)未だ改善されず。

8 :〒□□□-□□□□:2019/10/30(水) 20:03:11.14 ID:cAx57gko

■■※週刊ポスト2019年8月30日号■■

今回の日本郵政グループを巡る一連の不祥事の本質は「高齢者層が狙われた」という点に尽きる。
 かんぽ生命は保険料を二重に徴収するなど不適切販売の恐れのある契約が、過去5年だけで約18万件にのぼることを明らかにした。
“被害”がここまで拡大したのは、多くの高齢者が「郵便局ブランド」に絶大な信頼を寄せていたからだ。
保険評論家の山野井良民氏が指摘する。

「全国に約2万4000ある郵便局は、かんぽ生命から保険販売業務を委託され、保険代理店として販売活動を行なっています。
同時に、ゆうちょ銀行の銀行代理店でもある。2007年の郵政民営化以降も、事実上の政府保証のある“半官半民状態”です。
 それゆえ、とくに高齢者や地方在住者には絶大の信頼があった。郵便局で長年コツコツと貯金し、貯蓄のために長期の養老保険に加入する。
“お金は郵便局に任せて間違いない”と思われてきた。今回、明らかになった不正販売問題は、いわばその信頼を悪用したものといわれても仕方ない」
 
背景には、日本郵政グループの歪(いびつ)な収益構造がある。日本郵政グループの「4社体制」を図示した。
持ち株会社の「日本郵政」の下に「ゆうちょ銀行」「かんぽ生命保険」「日本郵便」の3社が並ぶ。楽天証券経済研究所客員研究員の経済評論家・山崎元氏が解説する。
「郵便物の需要が年々減るなかで、全国津々浦々の郵便網を維持しなくてはならない『日本郵便』の経営は厳しい。
郵便局員が『かんぽ生命』や『ゆうちょ銀行』の商品を窓口で販売して手数料を稼ぎ、金融ビジネスの収益で店舗網を維持する構図になっている」

9 :〒□□□-□□□□:2019/10/30(水) 20:03:57.32 ID:cAx57gko

■■※週刊ポスト2019年8月30日号続■■

かんぽ生命だけでなく、ゆうちょ銀行も、70歳以上の高齢者に対してリスクを十分説明しないまま投資信託を販売していた疑いが指摘されている。
今年6月に発覚したこの問題では、全国に約230ある、ゆうちょ銀行直営店の約9割で、
高齢者への勧誘・販売の際に健康状態や理解力を確認する社内ルールが守られていなかったことが明らかにされたのだ。
そうしたルールを逸脱した投信販売が横行した背景にも、日本郵政グループの収益構造の問題があると考えられている。前出・山崎氏が指摘する。

「かんぽ生命の問題と同様に、ゆうちょ銀行の投信販売でも、上からは数字を求められる一方で、現場はずさんな売り方が許される環境が放置されていたということでしょう。
局員は保険や投信を売ることで得られる販売手当のために不正に及んだのです」
局員には厳しい販売ノルマが課され、結果として郵便局を信頼してきた人たちが被害を受けたというわけだ。

■■日本全国の郵便局からマスコミ各社・総務省・金融庁へ内部告発して,日本郵政グループ上層部を世直し! 悪しき天下り先の撲滅しましょう。■■
★特定郵便局を全国的に減らして事業の健全化を推進すべきである。特定郵便局局長を無くして職員に任せる。

●かんぽ問題、「SNS厳禁」に局員憤り 内部告発を牽制 ・・・・・・日本郵政グループのブラック企業を暴露内部告発しましょう。■■
ブラック企業大賞2016の特別賞・WEB賞ダブル受賞の日本郵便(株)未だ改善されず。

10 :〒□□□-□□□□:2019/10/30(水) 20:06:09.75 ID:cAx57gko

■■日本全国の郵便局からマスコミ各社・総務省・金融庁へ内部告発して,日本郵政グループ上層部を世直し! 悪しき天下り先の撲滅しましょう。■■
★特定郵便局を全国的に減らして事業の健全化を推進すべきである。特定郵便局局長を無くして職員に任せる。

●かんぽ問題、「SNS厳禁」に局員憤り 内部告発を牽制 ・・・・・・日本郵政グループのブラック企業を暴露内部告発しましょう。■■
ブラック企業大賞2016の特別賞・WEB賞ダブル受賞の日本郵便(株)未だ改善されず。

■■総務相、日本郵政に「厳正対処」■■
2019/8/2 12:48 (2019/8/2 12:50 更新) 共同通信
石田真敏総務相は2日の閣議後に記者会見し、大規模な不正販売が発覚したかんぽ生命保険と販売した日本郵便の親会社である日本郵政に対し
「(3社の)調査結果を踏まえ厳正に対処する」と述べた。
 
週刊東洋経済
情報量と分析力で定評のある総合経済誌。制作にかける2019年8月31日号
2019年8月26日 発売
■■日本郵便「社員が横山邦男社長にぶつけた不満」の全記録■■・・・・・週刊東洋経済
●返答はノルマ肯定、お付き合い容認、自爆放置

■■【西日本新聞ニュース】 連載「ひずむ郵政 民営化12年の現場」・・・・・・ 日本郵政グループ全体の内部告発記事連載■■
http://www.nishinippon.co.jp › テーマ一覧
2019/07/30 – 連載「ひずむ郵政民営化12年の現場」|不正営業に揺れる日本郵政グループ。
郵便局という巨大組織が抱える問題を探ります。
7/30(火) 9:02配信 西日本新聞 7/30(火) 9:02配信
「評価下げるぞ」郵便局の時短圧力、限界の配達員 相次ぐ休退職、自殺者も…

★Youtube見てね。自爆営業は事実で、揉み消すのに必死な日本郵政の本社幹部職員
★Youtube検索・・・【 元郵便局長証言「こうして自爆営業は生まれる。】ブラック企業日本郵便の本質が見れます。

11 :〒□□□-□□□□:2019/10/30(水) 20:06:43.89 ID:cAx57gko

■■※週刊ポスト2019年8月30日号■■

今回の日本郵政グループを巡る一連の不祥事の本質は「高齢者層が狙われた」という点に尽きる。
 かんぽ生命は保険料を二重に徴収するなど不適切販売の恐れのある契約が、過去5年だけで約18万件にのぼることを明らかにした。
“被害”がここまで拡大したのは、多くの高齢者が「郵便局ブランド」に絶大な信頼を寄せていたからだ。
保険評論家の山野井良民氏が指摘する。

「全国に約2万4000ある郵便局は、かんぽ生命から保険販売業務を委託され、保険代理店として販売活動を行なっています。
同時に、ゆうちょ銀行の銀行代理店でもある。2007年の郵政民営化以降も、事実上の政府保証のある“半官半民状態”です。
 それゆえ、とくに高齢者や地方在住者には絶大の信頼があった。郵便局で長年コツコツと貯金し、貯蓄のために長期の養老保険に加入する。
“お金は郵便局に任せて間違いない”と思われてきた。今回、明らかになった不正販売問題は、いわばその信頼を悪用したものといわれても仕方ない」
 
背景には、日本郵政グループの歪(いびつ)な収益構造がある。日本郵政グループの「4社体制」を図示した。
持ち株会社の「日本郵政」の下に「ゆうちょ銀行」「かんぽ生命保険」「日本郵便」の3社が並ぶ。楽天証券経済研究所客員研究員の経済評論家・山崎元氏が解説する。
「郵便物の需要が年々減るなかで、全国津々浦々の郵便網を維持しなくてはならない『日本郵便』の経営は厳しい。
郵便局員が『かんぽ生命』や『ゆうちょ銀行』の商品を窓口で販売して手数料を稼ぎ、金融ビジネスの収益で店舗網を維持する構図になっている」

12 :〒□□□-□□□□:2019/10/30(水) 20:07:18.30 ID:cAx57gko

■■※週刊ポスト2019年8月30日号続■■

かんぽ生命だけでなく、ゆうちょ銀行も、70歳以上の高齢者に対してリスクを十分説明しないまま投資信託を販売していた疑いが指摘されている。
今年6月に発覚したこの問題では、全国に約230ある、ゆうちょ銀行直営店の約9割で、
高齢者への勧誘・販売の際に健康状態や理解力を確認する社内ルールが守られていなかったことが明らかにされたのだ。
そうしたルールを逸脱した投信販売が横行した背景にも、日本郵政グループの収益構造の問題があると考えられている。前出・山崎氏が指摘する。

「かんぽ生命の問題と同様に、ゆうちょ銀行の投信販売でも、上からは数字を求められる一方で、現場はずさんな売り方が許される環境が放置されていたということでしょう。
局員は保険や投信を売ることで得られる販売手当のために不正に及んだのです」
局員には厳しい販売ノルマが課され、結果として郵便局を信頼してきた人たちが被害を受けたというわけだ。

■■日本全国の郵便局からマスコミ各社・総務省・金融庁へ内部告発して,日本郵政グループ上層部を世直し! 悪しき天下り先の撲滅しましょう。■■
★特定郵便局を全国的に減らして事業の健全化を推進すべきである。特定郵便局局長を無くして職員に任せる。

●かんぽ問題、「SNS厳禁」に局員憤り 内部告発を牽制 ・・・・・・日本郵政グループのブラック企業を暴露内部告発しましょう。■■
ブラック企業大賞2016の特別賞・WEB賞ダブル受賞の日本郵便(株)未だ改善されず。

13 :〒□□□-□□□□:2019/10/31(木) 18:38:32.03 ID:uBRlSc3N

■■郵便局幹部2人が切手着服、5.4億円換金 別納を悪用■■・・・・・ブラック企業日本郵政グループまた不祥事!
神田郵便局=東京都千代田区神田淡路町2丁目

 東京都内にある2カ所の郵便局の幹部2人が、「料金別納」郵便の支払いで使われた切手をそれぞれ大量に持ち出し、金券ショップで計約5億4千万円に換金していたことが、関係者の話でわかった。
本来は処分しなくてはならない切手を着服し、売り払っていた。日本郵政グループの「日本郵便」は昨年、2人を懲戒解雇としたが公表はしていなかった。
★「他の人も絶対やっている」 1億円分切手着服の元課長
 悪用されたのは、個々の封筒やはがきに切手を貼る代わりに、料金相当額を現金や切手で一括して支払う料金別納の制度。
社内規定では、別納の支払いで使われた切手は、窓口の郵便部で「使用済み」を示す消印を押したうえで、総務部で細断処分することになっていた。
 関係者によると、同時に大量に出すと料金が割引になる郵便物の支払いで、シート状になった切手が持ち込まれた場合、郵便部の担当者が「どうせ細断されるから」と考え、消印を押す手間を省いて総務部に回すことがあった。
 芝郵便局(東京都港区)で総務部課長だった40代男性は、こうした消印のない切手を不正に持ち出して換金。総額は2014〜16年度の3年間で計約1億4千万円に上った。
当時は出納責任者で、切手の細断処分を実行する立場にあった。立会人も置いていなかったため、持ち出しが可能な状態にあったという。
 さらに、神田郵便局(東京都千代田区)で郵便部課長代理だった50代男性は、総務部に回る前の未消印の切手を持ち出していたとみられ、換金額は14〜16年度で計約4億円に達したという。
換金された切手は回収されておらず、通常の切手として再び流通した。

14 :〒□□□-□□□□:2019/10/31(木) 18:43:46.11 ID:uBRlSc3N

■■郵便局幹部2人が切手着服、5.4億円換金 別納を悪用■■・・・・・ブラック企業日本郵政グループまた不祥事!
神田郵便局=東京都千代田区神田淡路町2丁目

 東京都内にある2カ所の郵便局の幹部2人が、「料金別納」郵便の支払いで使われた切手をそれぞれ大量に持ち出し、金券ショップで計約5億4千万円に換金していたことが、関係者の話でわかった。
本来は処分しなくてはならない切手を着服し、売り払っていた。日本郵政グループの「日本郵便」は昨年、2人を懲戒解雇としたが公表はしていなかった。
★「他の人も絶対やっている」 1億円分切手着服の元課長
 悪用されたのは、個々の封筒やはがきに切手を貼る代わりに、料金相当額を現金や切手で一括して支払う料金別納の制度。
社内規定では、別納の支払いで使われた切手は、窓口の郵便部で「使用済み」を示す消印を押したうえで、総務部で細断処分することになっていた。
 関係者によると、同時に大量に出すと料金が割引になる郵便物の支払いで、シート状になった切手が持ち込まれた場合、郵便部の担当者が「どうせ細断されるから」と考え、消印を押す手間を省いて総務部に回すことがあった。
 芝郵便局(東京都港区)で総務部課長だった40代男性は、こうした消印のない切手を不正に持ち出して換金。総額は2014〜16年度の3年間で計約1億4千万円に上った。
当時は出納責任者で、切手の細断処分を実行する立場にあった。立会人も置いていなかったため、持ち出しが可能な状態にあったという。
 さらに、神田郵便局(東京都千代田区)で郵便部課長代理だった50代男性は、総務部に回る前の未消印の切手を持ち出していたとみられ、換金額は14〜16年度で計約4億円に達したという。
換金された切手は回収されておらず、通常の切手として再び流通した。

15 :〒□□□-□□□□:2019/10/31(木) 20:35:42.83 ID:uBRlSc3N

■■ブラック企業日本郵政グループ全ての3事業で不祥事何やってんだ!!■■

●郵便事業・・・・・・郵便局幹部2人が切手着服、5.4億円換金 別納を悪用
神田郵便局=東京都千代田区神田淡路町2丁目

●かんぽ生命・・・・・保険料を二重に徴収するなど不適切販売の恐れのある契約が、過去5年だけで約18万件にのぼることを明らかにした。
“被害”がここまで拡大したのは、多くの高齢者が「郵便局ブランド」に絶大な信頼を寄せていたからだ。

●ゆうちょ銀行・・・・・70歳以上の高齢者に対してリスクを十分説明しないまま投資信託を販売していた疑いが指摘されている。
今年6月に発覚したこの問題では、全国に約230ある、ゆうちょ銀行直営店の約9割で、高齢者への勧誘・販売の際に健康状態や理解力を確認する社内ルールが守られていなかったことが明らかにされたのだ。

16 :〒□□□-□□□□:2019/10/31(木) 22:04:06.14 ID:uBRlSc3N

★★ブラック企業日本郵政グループまた不祥事!★★・・・・国を挙げて不正撲滅すべきである。

■■郵便局幹部2人が切手着服、5.4億円換金 別納を悪用■■・・・また、不祥事,いい加減にしろ何やってんだ!!
神田郵便局=東京都千代田区神田淡路町2丁目

■■ かんぽ問題、「SNS厳禁」に局員憤り 内部告発を牽制 ■■
日本全国の郵便局からマスコミ各社・総務省・金融庁へブラック企業日本郵政グループを内部告発しましょう。
ブラック企業大賞2016の特別賞・WEB賞ダブル受賞の日本郵便(株)未だ改善されず。

■■総務相、日本郵政に「厳正対処」■■
2019/8/2 12:48 (2019/8/2 12:50 更新) 共同通信
石田真敏総務相は2日の閣議後に記者会見し、大規模な不正販売が発覚したかんぽ生命保険と販売した日本郵便の親会社である日本郵政に対し
「(3社の)調査結果を踏まえ厳正に対処する」と述べた。
 
週刊東洋経済
情報量と分析力で定評のある総合経済誌。制作にかける2019年8月31日号
2019年8月26日 発売
■■日本郵便「社員が横山邦男社長にぶつけた不満」の全記録■■・・・・・週刊東洋経済
●返答はノルマ肯定、お付き合い容認、自爆放置

■■【西日本新聞ニュース】 連載「ひずむ郵政 民営化12年の現場」・・・・・・ 日本郵政グループ全体の内部告発記事連載■■
http://www.nishinippon.co.jp › テーマ一覧
2019/07/30 – 連載「ひずむ郵政民営化12年の現場」|不正営業に揺れる日本郵政グループ。
郵便局という巨大組織が抱える問題を探ります。
7/30(火) 9:02配信 西日本新聞 7/30(火) 9:02配信
「評価下げるぞ」郵便局の時短圧力、限界の配達員 相次ぐ休退職、自殺者も…

★Youtube見てね。自爆営業は事実で、揉み消すのに必死な日本郵政の本社幹部職員
★Youtube検索・・・【 元郵便局長証言「こうして自爆営業は生まれる。】ブラック企業日本郵便の本質が見れます。

17 :〒□□□-□□□□:2019/10/31(木) 22:07:21.87 ID:uBRlSc3N

■■ブラック企業日本郵政グループ全ての3事業で不祥事何やってんだ!!■■

●郵便事業・・・・・・郵便局幹部2人が切手着服、5.4億円換金 別納を悪用
神田郵便局=東京都千代田区神田淡路町2丁目

●かんぽ生命・・・・・保険料を二重に徴収するなど不適切販売の恐れのある契約が、過去5年だけで約18万件にのぼることを明らかにした。
“被害”がここまで拡大したのは、多くの高齢者が「郵便局ブランド」に絶大な信頼を寄せていたからだ。

●ゆうちょ銀行・・・・・70歳以上の高齢者に対してリスクを十分説明しないまま投資信託を販売していた疑いが指摘されている。
今年6月に発覚したこの問題では、全国に約230ある、ゆうちょ銀行直営店の約9割で、高齢者への勧誘・販売の際に健康状態や理解力を確認する社内ルールが守られていなかったことが明らかにされたのだ。

18 :〒729-1499:2019/11/01(金) 01:53:20.66 ID:893WidEj

東京都内の奴ぁくやしいのう。くやしくて死にそうじゃのう。

金曜日じゃけぇ、カキフライカレーを食いながら脱退届用紙をダウンロード《右側部分を切り離さんで》記入してJP労組の本部(上野)へ郵送する事を推進するんじゃ!!
ダウンロードするアドレスと郵送する宛先は「神田郵便局」ゆぅスレに書いてあるけぇの。

19 :〒□□□-□□□□:2019/11/01(金) 18:15:50.01 ID:JnPctAXI

■■総務相 切手不正換金問題で日本郵便に行政指導 ■■
NHK2019年11月1日 11時52分

東京都内の郵便局の幹部2人が5億円を超える切手を不正に持ち出して換金したとして懲戒解雇された問題で、
高市総務大臣は、日本郵便に対して再発防止の徹底を求めて行政指導を行ったことを明らかにしました。
東京都内の芝郵便局と神田郵便局の幹部2人は、封筒などに切手を貼る代わりに料金を一括して支払う「料金別納」郵便の支払いに使われた切手を不正に持ち出して、
金券ショップで換金したとして去年、懲戒解雇され、換金の総額はおよそ5億4000万円に上ったということです。
これについて高市総務大臣は、1日の閣議のあとの記者会見で「去年3月に東京国税局の調査で発覚したということだが、
国税局の調査が終了し、不正に関わった職員を処分したにもかかわらず、日本郵便はなぜみずから速やかに公表しなかったのか」と述べ、
日本郵便がこれまで公表しなかったことは問題だという認識を示しました。
そのうえで高市大臣は「きのう、日本郵便に対して文書で行政指導を行い、情報公開の在り方や同様の事案がないかの調査、それに再発防止の徹底を求めた。
日本郵政グループでは、かんぽ生命の保険の不適切販売なども起きており、郵政事業全体に対する信頼確保に取り組むよう指導していく」と述べて、
法令順守の徹底や信頼回復に全力を挙げることを強く求めました。

20 :〒□□□-□□□□:2019/11/01(金) 20:43:15.18 ID:yNuN6Qsm

■■総務相 切手不正換金問題で日本郵便に行政指導 ■■
NHK2019年11月1日 11時52分

東京都内の郵便局の幹部2人が5億円を超える切手を不正に持ち出して換金したとして懲戒解雇された問題で、
高市総務大臣は、日本郵便に対して再発防止の徹底を求めて行政指導を行ったことを明らかにしました。
東京都内の芝郵便局と神田郵便局の幹部2人は、封筒などに切手を貼る代わりに料金を一括して支払う「料金別納」郵便の支払いに使われた切手を不正に持ち出して、
金券ショップで換金したとして去年、懲戒解雇され、換金の総額はおよそ5億4000万円に上ったということです。
これについて高市総務大臣は、1日の閣議のあとの記者会見で「去年3月に東京国税局の調査で発覚したということだが、
国税局の調査が終了し、不正に関わった職員を処分したにもかかわらず、★★日本郵便はなぜみずから速やかに公表しなかったのか★★と述べ、
日本郵便がこれまで公表しなかったことは問題だという認識を示しました。
そのうえで高市大臣は「きのう、日本郵便に対して文書で行政指導を行い、情報公開の在り方や同様の事案がないかの調査、それに再発防止の徹底を求めた。
日本郵政グループでは、かんぽ生命の保険の不適切販売なども起きており、郵政事業全体に対する信頼確保に取り組むよう指導していく」と述べて、
法令順守の徹底や信頼回復に全力を挙げることを強く求めました。

■■ブラック企業日本郵政グループ全ての3事業で不祥事何やってんだ!!■■

21 :〒□□□-□□□□:2019/11/02(土) 06:12:07.70 ID:mjE20Q0+

ブラック企業日本郵政グループ全ての3事業で不祥事何やってんだ!・・・・もう!国民に信用されない。

■■総務相 切手不正換金問題で日本郵便に行政指導■■  NHK2019年11月1日 11時52分
●郵便事業・・・・・東京都内の郵便局の幹部2人が5億円を超える切手を不正に持ち出して換金したとして懲戒解雇された問題で、
高市総務大臣は、日本郵便に対して再発防止の徹底を求めて行政指導を行ったことを明らかにしました。
東京都内の芝郵便局と神田郵便局の幹部2人は、封筒などに切手を貼る代わりに料金を一括して支払う「料金別納」郵便の支払いに使われた切手を不正に持ち出して、
金券ショップで換金したとして去年、懲戒解雇され、換金の総額はおよそ5億4000万円に上ったということです。
これについて高市総務大臣は、1日の閣議のあとの記者会見で「去年3月に東京国税局の調査で発覚したということだが、
国税局の調査が終了し、不正に関わった職員を処分したにもかかわらず、★★日本郵便はなぜみずから速やかに公表しなかったのか★★と述べ、
日本郵便がこれまで公表しなかったことは問題だという認識を示しました。
そのうえで高市大臣は「きのう、日本郵便に対して文書で行政指導を行い、情報公開の在り方や同様の事案がないかの調査、それに再発防止の徹底を求めた。
日本郵政グループでは、かんぽ生命の保険の不適切販売なども起きており、郵政事業全体に対する信頼確保に取り組むよう指導していく」と述べて、
法令順守の徹底や信頼回復に全力を挙げることを強く求めました。

●かんぽ生命・・・・・保険料を二重に徴収するなど不適切販売の恐れのある契約が、過去5年だけで約18万件にのぼることを明らかにした。
“被害”がここまで拡大したのは、多くの高齢者が「郵便局ブランド」に絶大な信頼を寄せていたからだ。

●ゆうちょ銀行・・・・・70歳以上の高齢者に対してリスクを十分説明しないまま投資信託を販売していた疑いが指摘されている。
今年6月に発覚したこの問題では、全国に約230ある、ゆうちょ銀行直営店の約9割で、高齢者への勧誘・販売の際に
健康状態や理解力を確認する社内ルールが守られていなかったことが明らかにされたのだ。

22 :〒□□□-□□□□:2019/11/02(土) 17:03:03 ID:mjE20Q0+

ブラック企業日本郵政グループ全ての3事業で不祥事何やってんだ!・・・・もう!国民に信用されない。

■■総務相 切手不正換金問題で日本郵便に行政指導■■  NHK2019年11月1日 11時52分
●郵便事業・・・・・東京都内の郵便局の幹部2人が5億円を超える切手を不正に持ち出して換金したとして懲戒解雇された問題で、
高市総務大臣は、日本郵便に対して再発防止の徹底を求めて行政指導を行ったことを明らかにしました。
東京都内の芝郵便局と神田郵便局の幹部2人は、封筒などに切手を貼る代わりに料金を一括して支払う「料金別納」郵便の支払いに使われた切手を不正に持ち出して、
金券ショップで換金したとして去年、懲戒解雇され、換金の総額はおよそ5億4000万円に上ったということです。
これについて高市総務大臣は、1日の閣議のあとの記者会見で「去年3月に東京国税局の調査で発覚したということだが、
国税局の調査が終了し、不正に関わった職員を処分したにもかかわらず、★★日本郵便はなぜみずから速やかに公表しなかったのか★★と述べ、
日本郵便がこれまで公表しなかったことは問題だという認識を示しました。
そのうえで高市大臣は「きのう、日本郵便に対して文書で行政指導を行い、情報公開の在り方や同様の事案がないかの調査、それに再発防止の徹底を求めた。
日本郵政グループでは、かんぽ生命の保険の不適切販売なども起きており、郵政事業全体に対する信頼確保に取り組むよう指導していく」と述べて、
法令順守の徹底や信頼回復に全力を挙げることを強く求めました。

●かんぽ生命・・・・・保険料を二重に徴収するなど不適切販売の恐れのある契約が、過去5年だけで約18万件にのぼることを明らかにした。
“被害”がここまで拡大したのは、多くの高齢者が「郵便局ブランド」に絶大な信頼を寄せていたからだ。

●ゆうちょ銀行・・・・・70歳以上の高齢者に対してリスクを十分説明しないまま投資信託を販売していた疑いが指摘されている。
今年6月に発覚したこの問題では、全国に約230ある、ゆうちょ銀行直営店の約9割で、高齢者への勧誘・販売の際に
健康状態や理解力を確認する社内ルールが守られていなかったことが明らかにされたのだ。

23 :〒□□□-□□□□:2019/11/02(土) 17:06:50 ID:mjE20Q0+

ブラック企業大賞2016の特別賞・WEB賞ダブル受賞の日本郵便(株)未だ改善されず。

●かんぽ問題、「SNS厳禁」に局員憤り 内部告発を牽制 ・・・・日本郵便の裏の顔(ブラック職場環境)が全国の郵便局にある。
日本郵便が労働基準法違反・自爆営業をさせた時は, 労働基準監督署調査依頼とマスコミ各社に内部告発しよう!

●公益通報者保護法(内部告発保護法) 平成十六年六月十八日法律第百二十二号)
「慢性的な人手不足が続き、 ※全国の郵便局で昼休みの食い込み労働が頻繁にある状態だ。
昼休みに帰局してないバイク・軽四を画像で証拠残しをお勧め致します。電波時間付きが理想です。!
 DOSSとガントチャートのこれまでのチェック!

■■【西日本新聞ニュース】 連載「ひずむ郵政 民営化12年の現場」・・・・・・ 日本郵政グループ全体の内部告発記事連載■■
http://www.nishinippon.co.jp › テーマ一覧
2019/07/30 – 連載「ひずむ郵政民営化12年の現場」|不正営業に揺れる日本郵政グループ。
郵便局という巨大組織が抱える問題を探ります。

7/30(火) 9:02配信 西日本新聞 7/30(火) 9:02配信
■■「評価下げるぞ」郵便局の時短圧力、限界の配達員 相次ぐ休退職、自殺者も…■■

◆◆日本郵便がアフラック生命保険販売でも問題10万件超◆◆
テレ朝news
2019年8月21日 17時13分

★Youtube見てね。自爆営業は事実で、揉み消すのに必死な日本郵政の本社幹部職員
★Youtube検索・・・【 元郵便局長証言「こうして自爆営業は生まれる。】ブラック企業日本郵便の本質が見れます。
日本郵便株式会社は、自爆営業撲滅のため自爆営業撲滅キャンペーンを実施すべきだ。
年賀はがき・かもめーる・お中元・お歳暮・こどもの日・母の日・父の日・敬老の日・関東ふるさと会など
他にも沢山ある営業ノルマの個人名営業表が張り出されていませんか?
これらが見られた時は、写真・画像・動画で証拠残し内部告発!

24 :〒□□□-□□□□:2019/11/02(土) 17:09:15 ID:mjE20Q0+

ブラック企業日本郵政グループ全ての3事業で不祥事何やってんだ!・・・・もう!国民に信用されない。

■■総務相 切手不正換金問題で日本郵便に行政指導■■  NHK2019年11月1日 11時52分
●郵便事業・・・・・東京都内の郵便局の幹部2人が5億円を超える切手を不正に持ち出して換金したとして懲戒解雇された問題で、
高市総務大臣は、日本郵便に対して再発防止の徹底を求めて行政指導を行ったことを明らかにしました。
東京都内の芝郵便局と神田郵便局の幹部2人は、封筒などに切手を貼る代わりに料金を一括して支払う「料金別納」郵便の支払いに使われた切手を不正に持ち出して、
金券ショップで換金したとして去年、懲戒解雇され、換金の総額はおよそ5億4000万円に上ったということです。
これについて高市総務大臣は、1日の閣議のあとの記者会見で「去年3月に東京国税局の調査で発覚したということだが、
国税局の調査が終了し、不正に関わった職員を処分したにもかかわらず、★★日本郵便はなぜみずから速やかに公表しなかったのか★★と述べ、
日本郵便がこれまで公表しなかったことは問題だという認識を示しました。
そのうえで高市大臣は「きのう、日本郵便に対して文書で行政指導を行い、情報公開の在り方や同様の事案がないかの調査、それに再発防止の徹底を求めた。
日本郵政グループでは、かんぽ生命の保険の不適切販売なども起きており、郵政事業全体に対する信頼確保に取り組むよう指導していく」と述べて、
法令順守の徹底や信頼回復に全力を挙げることを強く求めました。

●かんぽ生命・・・・・保険料を二重に徴収するなど不適切販売の恐れのある契約が、過去5年だけで約18万件にのぼることを明らかにした。
“被害”がここまで拡大したのは、多くの高齢者が「郵便局ブランド」に絶大な信頼を寄せていたからだ。

●ゆうちょ銀行・・・・・70歳以上の高齢者に対してリスクを十分説明しないまま投資信託を販売していた疑いが指摘されている。
今年6月に発覚したこの問題では、全国に約230ある、ゆうちょ銀行直営店の約9割で、高齢者への勧誘・販売の際に
健康状態や理解力を確認する社内ルールが守られていなかったことが明らかにされたのだ。

25 :〒□□□-□□□□:2019/11/02(土) 18:54:58 ID:mjE20Q0+

■■日本郵政グループの不祥事をマスコミ各社・総務省・金融庁などへ皆で内部告発■■
ブラック企業日本郵政グループ全ての3事業で不祥事何やってんだ!・・・・もう!国民に信用されない。

■■総務相 切手不正換金問題で日本郵便に行政指導■■  NHK2019年11月1日 11時52分
●郵便事業・・・・・東京都内の郵便局の幹部2人が5億円を超える切手を不正に持ち出して換金したとして懲戒解雇された問題で、
高市総務大臣は、日本郵便に対して再発防止の徹底を求めて行政指導を行ったことを明らかにしました。
東京都内の芝郵便局と神田郵便局の幹部2人は、封筒などに切手を貼る代わりに料金を一括して支払う「料金別納」郵便の支払いに使われた切手を不正に持ち出して、
金券ショップで換金したとして去年、懲戒解雇され、換金の総額はおよそ5億4000万円に上ったということです。
これについて高市総務大臣は、1日の閣議のあとの記者会見で「去年3月に東京国税局の調査で発覚したということだが、
国税局の調査が終了し、不正に関わった職員を処分したにもかかわらず、★★日本郵便はなぜみずから速やかに公表しなかったのか★★と述べ、
日本郵便がこれまで公表しなかったことは問題だという認識を示しました。
そのうえで高市大臣は「きのう、日本郵便に対して文書で行政指導を行い、情報公開の在り方や同様の事案がないかの調査、それに再発防止の徹底を求めた。
日本郵政グループでは、かんぽ生命の保険の不適切販売なども起きており、郵政事業全体に対する信頼確保に取り組むよう指導していく」と述べて、
法令順守の徹底や信頼回復に全力を挙げることを強く求めました。

●かんぽ生命・・・・・保険料を二重に徴収するなど不適切販売の恐れのある契約が、過去5年だけで約18万件にのぼることを明らかにした。
“被害”がここまで拡大したのは、多くの高齢者が「郵便局ブランド」に絶大な信頼を寄せていたからだ。

●ゆうちょ銀行・・・・・70歳以上の高齢者に対してリスクを十分説明しないまま投資信託を販売していた疑いが指摘されている。
今年6月に発覚したこの問題では、全国に約230ある、ゆうちょ銀行直営店の約9割で、高齢者への勧誘・販売の際に
健康状態や理解力を確認する社内ルールが守られていなかったことが明らかにされたのだ。

26 :〒□□□-□□□□:2019/11/02(土) 19:12:53.54 ID:mjE20Q0+

■■切手着服「なぜ公表しない」 高市総務相が日本郵便に行政指導■■

 高市早苗総務相は1日の閣議後会見で、日本郵便に情報公開の在り方を検討することなどを求めて、昨日行政指導を行ったことを明らかにした。
東京都内にある郵便局の幹部2人が「料金別納」制度を悪用して大量の切手を着服したことが昨年発覚し、懲戒解雇処分にしたものの、公表していなかったことに対する措置。
「なぜ、速やかに公表されなかったのか」との問題意識を強調した。
 行政指導ではほかにも、日本郵便で対応している同様の事例がないかの実態調査、再発防止策の実施状況やその効果などの整理・分析、再発防止策のさらなる徹底について求めたという。
日本郵政グループではかんぽ生命保険の不適切販売問題も発覚し、信頼が大きく揺らいでいる。

 高市氏は「郵政事業全体に対する国民の皆様の信頼確保に全力で取り組んでいただくよう総務省としても指導していく」と語った。

27 :〒□□□-□□□□:2019/11/02(土) 19:18:56.63 ID:mjE20Q0+

総務省・マスコミ各社様・・・・・■■潮来郵便局は、未だに昼の休憩・休憩時間守られていない■■

■ブラック企業ダブル受賞後、未だに改善されない日本郵便の裏の顔(ブラック職場環境)が全国の郵便局にある。
日本郵便が労働基準法違反・自爆営業をさせた時は,
年末年始繁忙期労働基準監督署調査依頼とマスコミ各社に内部告発しよう!
「慢性的な人手不足が続き、お歳暮ゆうパック配達・年賀状配達の準備も加わって、しばらく綱渡りが続く」
 DOSSとガントチャートのこれまでのチェック! 個人営業ノルマの表を写真・画像で証拠残し忘れずに!
お歳暮ゆうパック・関東ふるさと会の個人営業数表が張り出されていませんか?
※全国の郵便局で昼休みの食い込み労働が頻繁にある状態だ。
昼休みに帰局してないバイク・軽四を画像で証拠残しをお勧め致します。電波時間付きが理想です。!

28 :〒□□□-□□□□:2019/11/02(土) 20:35:39 ID:mjE20Q0+

■■「ブラック化」する郵政グループ ブラック企業による消費者被害■■.
https://news.yahoo.co.jp 2019/09/17

日本郵政グループの問題が止まらない。
不適切販売に加え、従業員の自爆営業も発覚した。
被害者は私たち消費者だが、その背後には「ノルマ問題」がある。
郵政以外の事例も紹介し、問題解決の方法について考える。

●かんぽ生命・・・・・保険料を二重に徴収するなど不適切販売の恐れのある契約が、過去5年だけで約18万件にのぼることを明らかにした。
“被害”がここまで拡大したのは、多くの高齢者が「郵便局ブランド」に絶大な信頼を寄せていたからだ。

●ゆうちょ銀行・・・・・70歳以上の高齢者に対してリスクを十分説明しないまま投資信託を販売していた疑いが指摘されている。
今年6月に発覚したこの問題では、全国に約230ある、ゆうちょ銀行直営店の約9割で、高齢者への勧誘・販売の際に
健康状態や理解力を確認する社内ルールが守られていなかったことが明らかにされたのだ。

■■切手着服「なぜ公表しない」 高市総務相が日本郵便に行政指導■■

総務省・マスコミ各社様・・・・・■■潮来郵便局は、未だに昼の休憩・休憩時間守られていない■■
■ブラック企業ダブル受賞後、未だに改善されない日本郵便の裏の顔(ブラック職場環境)が全国の郵便局にある。
日本郵便が労働基準法違反・自爆営業をさせた時は,
年末年始繁忙期労働基準監督署調査依頼とマスコミ各社に内部告発しよう!
「慢性的な人手不足が続き、お歳暮ゆうパック配達・年賀状配達の準備も加わって、しばらく綱渡りが続く」
 DOSSとガントチャートのこれまでのチェック! 個人営業ノルマの表を写真・画像で証拠残し忘れずに!
お歳暮ゆうパック・関東ふるさと会の個人営業数表が張り出されていませんか?
※全国の郵便局で昼休みの食い込み労働が頻繁にある状態だ。
昼休みに帰局してないバイク・軽四を画像で証拠残しをお勧め致します。電波時間付きが理想です。!

29 :〒□□□-□□□□:2019/11/02(土) 20:59:45 ID:mjE20Q0+

■■日本郵政グループの不祥事をマスコミ各社へ皆で内部告発■■
ブラック企業日本郵政グループ全ての3事業で不祥事何やってんだ!・・・・もう!国民に信用されない。

■■「ブラック化」する郵政グループ ブラック企業による消費者被害■■.
http://news.yahoo.co.jp 2019/09/17

日本郵政グループの問題が止まらない。
不適切販売に加え、従業員の自爆営業も発覚した。
被害者は私たち消費者だが、その背後には「ノルマ問題」がある。
郵政以外の事例も紹介し、問題解決の方法について考える。

●かんぽ生命・・・・・保険料を二重に徴収するなど不適切販売の恐れのある契約が、過去5年だけで約18万件にのぼることを明らかにした。
“被害”がここまで拡大したのは、多くの高齢者が「郵便局ブランド」に絶大な信頼を寄せていたからだ。

●ゆうちょ銀行・・・・・70歳以上の高齢者に対してリスクを十分説明しないまま投資信託を販売していた疑いが指摘されている。
今年6月に発覚したこの問題では、全国に約230ある、ゆうちょ銀行直営店の約9割で、高齢者への勧誘・販売の際に
健康状態や理解力を確認する社内ルールが守られていなかったことが明らかにされたのだ。

●郵便事業・・・・・切手着服「なぜ公表しない」 高市総務相が日本郵便に行政指導

総務省・マスコミ各社様・・・・・■■潮来郵便局は、未だに昼の休憩・休憩時間守られていない■■

■ブラック企業ダブル受賞後、未だに改善されない日本郵便の裏の顔(ブラック職場環境)が全国の郵便局にある。
日本郵便が労働基準法違反・自爆営業をさせた時は,
年末年始繁忙期労働基準監督署調査依頼とマスコミ各社に内部告発しよう!
「慢性的な人手不足が続き、お歳暮ゆうパック配達・年賀状配達の準備も加わって、しばらく綱渡りが続く」
 DOSSとガントチャートのこれまでのチェック! 個人営業ノルマの表を写真・画像で証拠残し忘れずに!
お歳暮ゆうパック・関東ふるさと会の個人営業数表が張り出されていませんか?
※全国の郵便局で昼休みの食い込み労働が頻繁にある状態だ。
昼休みに帰局してないバイク・軽四を画像で証拠残しをお勧め致します。電波時間付きが理想です。!

30 :〒□□□-□□□□:2019/11/02(土) 21:21:10 ID:mjE20Q0+

■■ かんぽ問題、「SNS厳禁」に局員憤り 内部告発を牽制 ■■
日本全国の郵便局からマスコミ各社・総務省・金融庁へブラック企業日本郵政グループを内部告発しましょう。
ブラック企業大賞2016の特別賞・WEB賞ダブル受賞の日本郵便(株)未だ改善されず。

■■総務相、日本郵政に「厳正対処」■■
2019/8/2 12:48 (2019/8/2 12:50 更新) 共同通信
石田真敏総務相は2日の閣議後に記者会見し、大規模な不正販売が発覚したかんぽ生命保険と販売した日本郵便の親会社である日本郵政に対し
「(3社の)調査結果を踏まえ厳正に対処する」と述べた。
 
週刊東洋経済
情報量と分析力で定評のある総合経済誌。制作にかける2019年8月31日号
2019年8月26日 発売
■■日本郵便「社員が横山邦男社長にぶつけた不満」の全記録■■・・・・・週刊東洋経済
●返答はノルマ肯定、お付き合い容認、自爆放置

■■【西日本新聞ニュース】 連載「ひずむ郵政 民営化12年の現場」・・・・・・ 日本郵政グループ全体の内部告発記事連載■■
http://www.nishinippon.co.jp › テーマ一覧
2019/07/30 – 連載「ひずむ郵政民営化12年の現場」|不正営業に揺れる日本郵政グループ。
郵便局という巨大組織が抱える問題を探ります。
7/30(火) 9:02配信 西日本新聞 7/30(火) 9:02配信
「評価下げるぞ」郵便局の時短圧力、限界の配達員 相次ぐ休退職、自殺者も…

★Youtube見てね。自爆営業は事実で、揉み消すのに必死な日本郵政の本社幹部職員
★Youtube検索・・・【 元郵便局長証言「こうして自爆営業は生まれる。】ブラック企業日本郵便の本質が見れます。

■「慢性的な人手不足が続き、 ※全国の郵便局で昼休みの食い込み労働が頻繁にある状態だ。
昼休みに帰局してないバイク・軽四を画像で証拠残しをお勧め致します。電波時間付きが理想です。!
 DOSSとガントチャートのこれまでのチェック!

33 :〒□□□-□□□□:2019/11/04(月) 20:34:31 ID:9sIsAyed

■■ブラック日本郵便は全国の郵便局でアルバイトが集まらないので 、募集のチラシを年間に何回も全戸配達させる。通信事務郵便収益なし!
日本郵便チラシ屋配達業務・・・・・・★郵便局のアルバイト募集のチラシ・ゆうちょ銀行・かんぽ生命のチラシ・タウンメール・タウンプラスが全戸配達なので、
人員不足、追跡郵便・ゆうパック増の現状では大変無理があり、全国の郵便局配達員を苦しめている。
1,000円前後時給の割にキツイ上にノルマが何種類もあるのでバカ臭いです。 郵便外務社員が苦労するだけ!

■ブラック企業大賞2016 ダブル受賞後、未だに改善されない日本郵便の裏の顔(ブラック職場環境)が全国の郵便局にある。
日本郵便が労働基準法違反・自爆営業をさせた時は, 労働基準監督署調査依頼とマスコミ各社に内部告発しよう!
●公益通報者保護法(内部告発保護法) 平成十六年六月十八日法律第百二十二号)
「慢性的な人手不足が続き、 ※全国の郵便局で昼休みの食い込み労働が頻繁にある状態だ。
昼休みに帰局してないバイク・軽四を画像で証拠残しをお勧め致します。電波時間付きが理想です。!
 DOSSとガントチャートのこれまでのチェック!

■日本郵便株式会社は、自爆営業撲滅のため自爆営業撲滅キャンペーンを実施すべきだ。
年賀はがき・かもめーる・お中元・お歳暮・こどもの日・母の日・父の日・敬老の日・関東ふるさと会など
他にも沢山ある営業ノルマの個人名営業表が張り出されていませんか?
これらが見られた時は、写真・画像・動画で証拠残し内部告発!

■安全衛生法違反だらけの日本郵便■
経費がかさむため、冬期軽四輪車・集配バイクにスタッドレスタイヤを装備させない郵便局が日本全国に多くある。安全(人命より)経費優先!
5cm位の降雪ではタイヤチェーンが切れてしまう。スタッドレスタイヤを装備してないため、ノーマルタイヤで業務に就かせています。
雪の降った後日は、アイスバーンで路面がツルツルで光っていま す。 ★ブラックアイスバーン★
まさに、死亡事故を起こさないのが神業としか思えません。

●経費削減のため、全国の集配郵便局で二輪バイク整備士の免許のない局員に整備させます。
(チェーン調整・サイドスタンド交換・ヘッドライト交換・オイル交換など)

35 :〒□□□-□□□□:2019/11/05(火) 17:47:13.48 ID:gHZFiYWx

■■日本郵政グループの不祥事をマスコミ各社へ皆で内部告発■■
ブラック企業日本郵政グループ全ての3事業で不祥事何やってんだ!・・・・もう!国民に信用されない。

■■「ブラック化」する郵政グループ ブラック企業による消費者被害■■.
http://news.yahoo.co.jp 2019/09/17

日本郵政グループの問題が止まらない。
不適切販売に加え、従業員の自爆営業も発覚した。
被害者は私たち消費者だが、その背後には「ノルマ問題」がある。
郵政以外の事例も紹介し、問題解決の方法について考える。

●かんぽ生命・・・・・保険料を二重に徴収するなど不適切販売の恐れのある契約が、過去5年だけで約18万件にのぼることを明らかにした。
“被害”がここまで拡大したのは、多くの高齢者が「郵便局ブランド」に絶大な信頼を寄せていたからだ。

●ゆうちょ銀行・・・・・70歳以上の高齢者に対してリスクを十分説明しないまま投資信託を販売していた疑いが指摘されている。
今年6月に発覚したこの問題では、全国に約230ある、ゆうちょ銀行直営店の約9割で、高齢者への勧誘・販売の際に
健康状態や理解力を確認する社内ルールが守られていなかったことが明らかにされたのだ。

●郵便事業・・・・・切手着服「なぜ公表しない」 高市総務相が日本郵便に行政指導

総務省・マスコミ各社様・・・・・■■潮来郵便局は、未だに昼の休憩・休憩時間守られていない■■

■ブラック企業ダブル受賞後、未だに改善されない日本郵便の裏の顔(ブラック職場環境)が全国の郵便局にある。
日本郵便が労働基準法違反・自爆営業をさせた時は,
年末年始繁忙期労働基準監督署調査依頼とマスコミ各社に内部告発しよう!
「慢性的な人手不足が続き、お歳暮ゆうパック配達・年賀状配達の準備も加わって、しばらく綱渡りが続く」
 DOSSとガントチャートのこれまでのチェック! 個人営業ノルマの表を写真・画像で証拠残し忘れずに!
お歳暮ゆうパック・関東ふるさと会の個人営業数表が張り出されていませんか?
※全国の郵便局で昼休みの食い込み労働が頻繁にある状態だ。
昼休みに帰局してないバイク・軽四を画像で証拠残しをお勧め致します。電波時間付きが理想です。!

38 :〒□□□-□□□□:2019/11/05(火) 20:35:50.71 ID:QKVshJjx

福岡南は喫煙所の場所が
ありえない
バイク置場が喫煙所って…
下手したら引火して…
発着も常にタバコ臭が
漂ってるよ

39 :〒□□□-□□□□:2019/11/05(火) 21:19:17.69 ID:gHZFiYWx

※総務省・マスコミ各社様・・・・・■■潮来郵便局は、未だに昼の休憩・休息時間守られていない■■日本郵政グループの不祥事をマスコミ各社へ皆で内部告発■■
ブラック企業日本郵政グループ全ての3事業で不祥事何やってんだ!・・・・もう!国民に信用されない。

■■郵便配達バイク 日本全国的に歩道走る。■■・・・無理な配達労働環境から起こる。
日本全国で録画して,歩道走る赤バイクをユーチューブ・総務省・マスコミ各社へ内部告発!

■■「ブラック化」する郵政グループ ブラック企業による消費者被害■■.
http://news.yahoo.co.jp 2019/09/17

日本郵政グループの問題が止まらない。
不適切販売に加え、従業員の自爆営業も発覚した。
被害者は私たち消費者だが、その背後には「ノルマ問題」がある。
郵政以外の事例も紹介し、問題解決の方法について考える。

●かんぽ生命・・・・・保険料を二重に徴収するなど不適切販売の恐れのある契約が、過去5年だけで約18万件にのぼることを明らかにした。
“被害”がここまで拡大したのは、多くの高齢者が「郵便局ブランド」に絶大な信頼を寄せていたからだ。

●ゆうちょ銀行・・・・・70歳以上の高齢者に対してリスクを十分説明しないまま投資信託を販売していた疑いが指摘されている。
今年6月に発覚したこの問題では、全国に約230ある、ゆうちょ銀行直営店の約9割で、高齢者への勧誘・販売の際に
健康状態や理解力を確認する社内ルールが守られていなかったことが明らかにされたのだ。

●郵便事業・・・・・切手着服「なぜ公表しない」 高市総務相が日本郵便に行政指導
■■

43 :〒□□□-□□□□:2019/11/07(Thu) 21:36:10 ID:s3mtF+w0

■■日本郵政グループの不祥事をマスコミ各社へ皆で内部告発■■
ブラック企業日本郵政グループ全ての3事業で不祥事何やってんだ!・・・・もう!国民に信用されない。

■■「ブラック化」する郵政グループ ブラック企業による消費者被害■■.
http://news.yahoo.co.jp 2019/09/17

日本郵政グループの問題が止まらない。
不適切販売に加え、従業員の自爆営業も発覚した。
被害者は私たち消費者だが、その背後には「ノルマ問題」がある。
郵政以外の事例も紹介し、問題解決の方法について考える。

●かんぽ生命・・・・・保険料を二重に徴収するなど不適切販売の恐れのある契約が、過去5年だけで約18万件にのぼることを明らかにした。
“被害”がここまで拡大したのは、多くの高齢者が「郵便局ブランド」に絶大な信頼を寄せていたからだ。

●ゆうちょ銀行・・・・・70歳以上の高齢者に対してリスクを十分説明しないまま投資信託を販売していた疑いが指摘されている。
今年6月に発覚したこの問題では、全国に約230ある、ゆうちょ銀行直営店の約9割で、高齢者への勧誘・販売の際に
健康状態や理解力を確認する社内ルールが守られていなかったことが明らかにされたのだ。

●郵便事業・・・・・切手着服「なぜ公表しない」 高市総務相が日本郵便に行政指導

総務省・マスコミ各社様・・・・・■■潮来郵便局は、未だに昼の休憩・休息時間が守られていない。■■

■ブラック企業ダブル受賞後、未だに改善されない日本郵便の裏の顔(ブラック職場環境)が全国の郵便局にある。
日本郵便が労働基準法違反・自爆営業をさせた時は,
年末年始繁忙期労働基準監督署調査依頼とマスコミ各社に内部告発しよう!
「慢性的な人手不足が続き、お歳暮ゆうパック配達・年賀状配達の準備も加わって、しばらく綱渡りが続く」
 DOSSとガントチャートのこれまでのチェック! 個人営業ノルマの表を写真・画像で証拠残し忘れずに!
お歳暮ゆうパック・関東ふるさと会の個人営業数表が張り出されていませんか?
※全国の郵便局で昼休みの食い込み労働が頻繁にある状態だ。
昼休みに帰局してないバイク・軽四を画像で証拠残しをお勧め致します。電波時間付きが理想です。!

44 :〒□□□-□□□□:2019/11/07(木) 21:39:28.82 ID:s3mtF+w0

■■日本郵政グループの不祥事をマスコミ各社へ皆で内部告発■■
ブラック企業日本郵政グループ全ての3事業で不祥事何やってんだ!・・・・もう!国民に信用されない。

■■「ブラック化」する郵政グループ ブラック企業による消費者被害■■.
http://news.yahoo.co.jp 2019/09/17

日本郵政グループの問題が止まらない。
不適切販売に加え、従業員の自爆営業も発覚した。
被害者は私たち消費者だが、その背後には「ノルマ問題」がある。
郵政以外の事例も紹介し、問題解決の方法について考える。

●かんぽ生命・・・・・保険料を二重に徴収するなど不適切販売の恐れのある契約が、過去5年だけで約18万件にのぼることを明らかにした。
“被害”がここまで拡大したのは、多くの高齢者が「郵便局ブランド」に絶大な信頼を寄せていたからだ。

●ゆうちょ銀行・・・・・70歳以上の高齢者に対してリスクを十分説明しないまま投資信託を販売していた疑いが指摘されている。
今年6月に発覚したこの問題では、全国に約230ある、ゆうちょ銀行直営店の約9割で、高齢者への勧誘・販売の際に
健康状態や理解力を確認する社内ルールが守られていなかったことが明らかにされたのだ。

●郵便事業・・・・・切手着服「なぜ公表しない」 高市総務相が日本郵便に行政指導

総務省・マスコミ各社様・・・・・■■潮来郵便局は、未だに昼の休憩・休息時間が守られていない。■■

■ブラック企業ダブル受賞後、未だに改善されない日本郵便の裏の顔(ブラック職場環境)が全国の郵便局にある。
日本郵便が労働基準法違反・自爆営業をさせた時は,
年末年始繁忙期労働基準監督署調査依頼とマスコミ各社に内部告発しよう!
「慢性的な人手不足が続き、お歳暮ゆうパック配達・年賀状配達の準備も加わって、しばらく綱渡りが続く」
 DOSSとガントチャートのこれまでのチェック! 個人営業ノルマの表を写真・画像で証拠残し忘れずに!
お歳暮ゆうパック・関東ふるさと会の個人営業数表が張り出されていませんか?
※全国の郵便局で昼休みの食い込み労働が頻繁にある状態だ。
昼休みに帰局してないバイク・軽四を画像で証拠残しをお勧め致します。電波時間付きが理想です!

45 :〒□□□-□□□□:2019/11/08(金) 21:11:00 ID:95FypHtI

■■ノルマ50%到達でパーティー 日本郵便社長が証言 営業成績で局員階級付けも■■
11/8(金) 10:16配信 西日本新聞社

 かんぽ生命保険の不正販売問題で、日本郵便は7日、郵便局の年間の営業目標(ノルマ)の推進率が50%を超えた際の隠語として「赤道突破」と表現し、
販売局員を慰労するパーティーを開いていたことを明らかにした。
営業実績に応じて局員を階級付けする「かんぽマイスター制度」も設け、階級が低い局員には土日も含む就労時間外に研修などを受けさせていたという。 
横山邦男社長が衆院総務委員会で社民党の吉川元氏の質問に答えた。
不正販売の背景には局員への過剰な営業ノルマがあったことが判明しているが、「賞罰」とも呼べる制度や対応で局員に圧力をかけていた実態も浮き彫りとなった。
 横山氏によると、営業目標の推進率が50%を超えた場合、「社員の士気高揚を目的とした意見交換会」として、日本郵便とかんぽ生命保険が共同で経費を支出し、パーティーを開催。
保険の不適切な販売が報じられた直後の6月下旬も都内で開いたという。
 マイスター制度は一部支社が2018年に導入し、営業実績に応じて局員を星1〜5で階級付けしていた。
横山氏は「社員が目指す姿を分かりやすくするため」と、育成目的の研修方法だったと説明した。 
その上で、「土日出勤して営業に回れ」という指導が行われているのか尋ねた吉川氏に対し、
「いろんなレベルの社員がいるので、時間外に指導、教育が行われているのは確かだ」と認めた。
 
(鶴加寿子、飯田崇雄) 西日本新聞社

49 :〒□□□-□□□□:2019/11/09(土) 19:39:22 ID:QlxWxC2H

総務省・マスコミ各社様・・・・・■■潮来郵便局は、未だに昼の休憩・休息時間守られていない。局管理者が職場を全く統治できていない。■■

■■日本郵政グループの不祥事をマスコミ各社へ皆で内部告発■■
ブラック企業日本郵政グループ全ての3事業で不祥事何やってんだ!・・・・もう!国民に信用されない。
また,郵政不祥事です。・・・・・ゆうちょ銀行不祥事ニュースを検索

■■郵便配達バイク 日本全国的に歩道走る。■■・・・無理な配達労働環境から起こる。
日本全国で録画して,歩道走る赤バイクをユーチューブ・総務省・マスコミ各社へ内部告発!

■■「ブラック化」する郵政グループ ブラック企業による消費者被害■■.
http://news.yahoo.co.jp 2019/09/17

日本郵政グループの問題が止まらない。
不適切販売に加え、従業員の自爆営業も発覚した。
被害者は私たち消費者だが、その背後には「ノルマ問題」がある。
郵政以外の事例も紹介し、問題解決の方法について考える。

●かんぽ生命・・・・・保険料を二重に徴収するなど不適切販売の恐れのある契約が、過去5年だけで約18万件にのぼることを明らかにした。
“被害”がここまで拡大したのは、多くの高齢者が「郵便局ブランド」に絶大な信頼を寄せていたからだ。

●ゆうちょ銀行・・・・・70歳以上の高齢者に対してリスクを十分説明しないまま投資信託を販売していた疑いが指摘されている。
今年6月に発覚したこの問題では、全国に約230ある、ゆうちょ銀行直営店の約9割で、高齢者への勧誘・販売の際に
健康状態や理解力を確認する社内ルールが守られていなかったことが明らかにされたのだ。

●郵便事業・・・・・切手着服「なぜ公表しない」 高市総務相が日本郵便に行政指導

55 :〒□□□-□□□□:2019/11/10(日) 18:17:17.65 ID:vp18novC

■■日本郵便本社支社が腐っていてブラック企業な為,全国の郵便局管理者を指導できない。■■
潮来郵便局は、未だに昼の休憩・休息時間守られていない。
ここ数年に渡り毎日、郵便外務社員が休息時間30分を取得出来ていない状況である。
潮来郵便局管理者が休息を取得できるように改善努力(模索・行動)していない。

■■日本郵政グループの不祥事をマスコミ各社へ皆で内部告発■■
ブラック企業日本郵政グループ全ての3事業で不祥事何やってんだ!・・・・もう!国民に信用されない。
また,郵政不祥事です。・・・・・ゆうちょ銀行不祥事ニュースを検索

■■郵便配達バイク 日本全国的に歩道走る。■■・・・無理な配達労働環境から起こる。
日本全国で録画して,歩道走る赤バイクをユーチューブ・総務省・マスコミ各社へ内部告発!

■■「ブラック化」する郵政グループ ブラック企業による消費者被害■■.
http://news.yahoo.co.jp 2019/09/17
日本郵政グループの問題が止まらない。
不適切販売に加え、従業員の自爆営業も発覚した。
被害者は私たち消費者だが、その背後には「ノルマ問題」がある。
郵政以外の事例も紹介し、問題解決の方法について考える。

●かんぽ生命・・・・・保険料を二重に徴収するなど不適切販売の恐れのある契約が、過去5年だけで約18万件にのぼることを明らかにした。
“被害”がここまで拡大したのは、多くの高齢者が「郵便局ブランド」に絶大な信頼を寄せていたからだ。

●ゆうちょ銀行・・・・・70歳以上の高齢者に対してリスクを十分説明しないまま投資信託を販売していた疑いが指摘されている。
今年6月に発覚したこの問題では、全国に約230ある、ゆうちょ銀行直営店の約9割で、高齢者への勧誘・販売の際に
健康状態や理解力を確認する社内ルールが守られていなかったことが明らかにされたのだ。

●郵便事業・・・・・切手着服「なぜ公表しない」 高市総務相が日本郵便に行政指導

58 :〒□□□-□□□□:2019/11/12(火) 17:35:53.37 ID:HGwFwPU9

■■日本郵便本社支社が腐っていてブラック企業な為,全国の郵便局管理者を指導できない。■■
潮来郵便局は、未だに昼の休憩・休息時間守られていない。
ここ数年に渡り毎日、郵便外務社員が休息時間30分を取得出来ていない状況である。
潮来郵便局管理者が休息を取得できるように改善努力(模索・行動)していない。

■■日本郵政グループの不祥事をマスコミ各社へ皆で内部告発■■
ブラック企業日本郵政グループ全ての3事業で不祥事何やってんだ!・・・・もう!国民に信用されない。
また,郵政不祥事です。・・・・・ゆうちょ銀行不祥事ニュースを検索

■■郵便配達バイク 日本全国的に歩道走る。■■・・・無理な配達労働環境から起こる。
日本全国で録画して,歩道走る赤バイクをユーチューブ・総務省・マスコミ各社へ内部告発!

■■「ブラック化」する郵政グループ ブラック企業による消費者被害■■.
http://news.yahoo.co.jp 2019/09/17
日本郵政グループの問題が止まらない。
不適切販売に加え、従業員の自爆営業も発覚した。
被害者は私たち消費者だが、その背後には「ノルマ問題」がある。
郵政以外の事例も紹介し、問題解決の方法について考える。

●かんぽ生命・・・・・保険料を二重に徴収するなど不適切販売の恐れのある契約が、過去5年だけで約18万件にのぼることを明らかにした。
“被害”がここまで拡大したのは、多くの高齢者が「郵便局ブランド」に絶大な信頼を寄せていたからだ。

●ゆうちょ銀行・・・・・70歳以上の高齢者に対してリスクを十分説明しないまま投資信託を販売していた疑いが指摘されている。
今年6月に発覚したこの問題では、全国に約230ある、ゆうちょ銀行直営店の約9割で、高齢者への勧誘・販売の際に
健康状態や理解力を確認する社内ルールが守られていなかったことが明らかにされたのだ。

●郵便事業・・・・・■■郵便局幹部が切手換金5億円着服■■切手着服「なぜ公表しない」 高市総務相が日本郵便に行政指導

59 :〒□□□-□□□□:2019/11/13(水) 18:13:34 ID:S2HuzmLw

■■日本郵便本社支社が腐っていてブラック企業な為,全国の郵便局管理者を指導できない。■■
潮来郵便局は、未だに昼の休憩・休息時間守られていない。
ここ数年に渡り毎日、郵便外務社員が休息時間30分を取得出来ていない状況である。
潮来郵便局管理者が休息を取得できるように改善努力(模索・行動)していない。

■■日本郵政グループの不祥事をマスコミ各社へ皆で内部告発■■
ブラック企業日本郵政グループ全ての3事業で不祥事何やってんだ!・・・・もう!国民に信用されない。
また,郵政不祥事です。・・・・・ゆうちょ銀行不祥事ニュースを検索

■■郵便配達バイク 日本全国的に歩道走る。■■・・・無理な配達労働環境から起こる。
日本全国で録画して,歩道走る赤バイクをユーチューブ・総務省・マスコミ各社へ内部告発!

■■「ブラック化」する郵政グループ ブラック企業による消費者被害■■.
http://news.yahoo.co.jp 2019/09/17
日本郵政グループの問題が止まらない。
不適切販売に加え、従業員の自爆営業も発覚した。
被害者は私たち消費者だが、その背後には「ノルマ問題」がある。
郵政以外の事例も紹介し、問題解決の方法について考える。

●かんぽ生命・・・・・保険料を二重に徴収するなど不適切販売の恐れのある契約が、過去5年だけで約18万件にのぼることを明らかにした。
“被害”がここまで拡大したのは、多くの高齢者が「郵便局ブランド」に絶大な信頼を寄せていたからだ。

●ゆうちょ銀行・・・・・70歳以上の高齢者に対してリスクを十分説明しないまま投資信託を販売していた疑いが指摘されている。
今年6月に発覚したこの問題では、全国に約230ある、ゆうちょ銀行直営店の約9割で、高齢者への勧誘・販売の際に
健康状態や理解力を確認する社内ルールが守られていなかったことが明らかにされたのだ。

●郵便事業・・・・・■■郵便局幹部が切手換金5億円着服■■切手着服「なぜ公表しない」 高市総務相が日本郵便に行政指導

61 :〒□□□-□□□□:2019/11/14(Thu) 18:22:02 ID:B0KbL82I

354〒□□□-□□□□2019/11/13(水) 18:12:01.64ID:S2HuzmLw

■■日本郵便本社支社が腐っていてブラック企業な為,全国の郵便局管理者を指導できない。■■
潮来郵便局は、未だに昼の休憩・休息時間守られていない。
ここ数年に渡り毎日、郵便外務社員が休息時間30分を取得出来ていない状況である。
潮来郵便局管理者が休息を取得できるように改善努力(模索・行動)していない。

■■日本郵政グループの不祥事をマスコミ各社へ皆で内部告発■■
ブラック企業日本郵政グループ全ての3事業で不祥事何やってんだ!・・・・もう!国民に信用されない。
また,郵政不祥事です。・・・・・ゆうちょ銀行不祥事ニュースを検索

■■郵便配達バイク 日本全国的に歩道走る。■■・・・無理な配達労働環境から起こる。
日本全国で録画して,歩道走る赤バイクをユーチューブ・総務省・マスコミ各社へ内部告発!

■■「ブラック化」する郵政グループ ブラック企業による消費者被害■■.
http://news.yahoo.co.jp 2019/09/17
日本郵政グループの問題が止まらない。
不適切販売に加え、従業員の自爆営業も発覚した。
被害者は私たち消費者だが、その背後には「ノルマ問題」がある。
郵政以外の事例も紹介し、問題解決の方法について考える。

●かんぽ生命・・・・・保険料を二重に徴収するなど不適切販売の恐れのある契約が、過去5年だけで約18万件にのぼることを明らかにした。
“被害”がここまで拡大したのは、多くの高齢者が「郵便局ブランド」に絶大な信頼を寄せていたからだ。

●ゆうちょ銀行・・・・・70歳以上の高齢者に対してリスクを十分説明しないまま投資信託を販売していた疑いが指摘されている。
今年6月に発覚したこの問題では、全国に約230ある、ゆうちょ銀行直営店の約9割で、高齢者への勧誘・販売の際に
健康状態や理解力を確認する社内ルールが守られていなかったことが明らかにされたのだ。

●郵便事業・・・・・■■郵便局幹部が切手換金5億円着服■■切手着服「なぜ公表しない」 高市総務相が日本郵便に行政指導

62 :〒□□□-□□□□:2019/11/14(木) 20:20:18.22 ID:B0KbL82I

■■日本郵便本社支社が腐っていてブラック企業な為,全国の郵便局管理者を指導できない。■■
潮来郵便局は、未だに昼の休憩・休息時間守られていない。
ここ数年に渡り毎日、郵便外務社員が休息時間30分を取得出来ていない状況である。
潮来郵便局管理者が休息を取得できるように改善努力(模索・行動)していない。

■■日本郵政グループの不祥事をマスコミ各社へ皆で内部告発■■
ブラック企業日本郵政グループ全ての3事業で不祥事何やってんだ!・・・・もう!国民に信用されない。
また,郵政不祥事です。・・・・・ゆうちょ銀行不祥事ニュースを検索

■■郵便配達バイク 日本全国的に歩道走る。■■・・・無理な配達労働環境から起こる。
日本全国で録画して,歩道走る赤バイクをユーチューブ・総務省・マスコミ各社へ内部告発!

■■「ブラック化」する郵政グループ ブラック企業による消費者被害■■.
http://news.yahoo.co.jp 2019/09/17
日本郵政グループの問題が止まらない。
不適切販売に加え、従業員の自爆営業も発覚した。
被害者は私たち消費者だが、その背後には「ノルマ問題」がある。
郵政以外の事例も紹介し、問題解決の方法について考える。

●かんぽ生命・・・・・保険料を二重に徴収するなど不適切販売の恐れのある契約が、過去5年だけで約18万件にのぼることを明らかにした。
“被害”がここまで拡大したのは、多くの高齢者が「郵便局ブランド」に絶大な信頼を寄せていたからだ。

●ゆうちょ銀行・・・・・70歳以上の高齢者に対してリスクを十分説明しないまま投資信託を販売していた疑いが指摘されている。
今年6月に発覚したこの問題では、全国に約230ある、ゆうちょ銀行直営店の約9割で、高齢者への勧誘・販売の際に
健康状態や理解力を確認する社内ルールが守られていなかったことが明らかにされたのだ。

●郵便事業・・・・・■■郵便局幹部が切手換金5億円着服■■切手着服「なぜ公表しない」 高市総務相が日本郵便に行政指導

68 :〒□□□-□□□□:2019/11/16(土) 10:12:47.08 ID:kOmHnVMf

■■ブラック日本郵便は全国の郵便局でアルバイトが集まらないので 、募集のチラシを年間に何回も全戸配達させる。通信事務郵便収益なし!
ゆうちょ銀行・かんぽ生命のチラシ・タウンメール・タウンプラスが全戸配達なので、 全国の郵便局配達員を苦しめている。

■ブラック企業大賞2016 ダブル受賞後、未だに改善されない日本郵便の裏の顔(ブラック職場環境)が全国の郵便局にある。
「慢性的な人手不足が続き、 ※全国の郵便局で昼休みの食い込み労働が頻繁にある状態だ。

■■ブラック企業日本郵便の歩道を走る赤バイク■■

■安全衛生法違反だらけの日本郵便■
経費がかさむため、冬期軽四輪車・集配バイクにスタッドレスタイヤを装備させない郵便局が日本全国に多くある。安全(人命より)経費優先!
5cm位の降雪ではタイヤチェーンが切れてしまう。スタッドレスタイヤを装備してないため、ノーマルタイヤで業務に就かせています。
雪の降った後日は、アイスバーンで路面がツルツルで光っていま す。 ★ブラックアイスバーン★
まさに、死亡事故を起こさないのが神業としか思えません。
●経費削減のため、全国の集配郵便局で二輪バイク整備士の免許のない局員に整備させます。
(チェーン調整・サイドスタンド交換・ヘッドライト交換・オイル交換など)

■■日本郵政グループの不祥事をマスコミ各社へ皆で内部告発■■
ブラック企業日本郵政グループ全ての3事業で不祥事何やってんだ!・・・・もう!国民に信用されない。
●かんぽ生命・・・・・保険料を二重に徴収するなど不適切販売の恐れのある契約が、過去5年だけで約18万件にのぼることを明らかにした。
“被害”がここまで拡大したのは、多くの高齢者が「郵便局ブランド」に絶大な信頼を寄せていたからだ。

●ゆうちょ銀行・・・・・70歳以上の高齢者に対してリスクを十分説明しないまま投資信託を販売していた疑いが指摘されている。
今年6月に発覚したこの問題では、全国に約230ある、ゆうちょ銀行直営店の約9割で、高齢者への勧誘・販売の際に
健康状態や理解力を確認する社内ルールが守られていなかったことが明らかにされたのだ。

●郵便事業・・・・・■■郵便局幹部が切手換金5億円着服■■切手着服「なぜ公表しない」 高市総務相が日本郵便に行政指導

71 :〒□□□-□□□□:2019/11/16(土) 20:56:28 ID:KQl3SGJZ

■■ブラック日本郵便は全国の郵便局でアルバイトが集まらないので 、募集のチラシを年間に何回も全戸配達させる。通信事務郵便収益なし!
ゆうちょ銀行・かんぽ生命のチラシ・タウンメール・タウンプラスが全戸配達なので、 全国の郵便局配達員を苦しめている。

■ブラック企業大賞2016 ダブル受賞後、未だに改善されない日本郵便の裏の顔(ブラック職場環境)が全国の郵便局にある。
「慢性的な人手不足が続き、 ※全国の郵便局で昼休みの食い込み労働が頻繁にある状態だ。

■■ブラック企業日本郵便の歩道を走る赤バイク■■

■安全衛生法違反だらけの日本郵便■
経費がかさむため、冬期軽四輪車・集配バイクにスタッドレスタイヤを装備させない郵便局が日本全国に多くある。安全(人命より)経費優先!
5cm位の降雪ではタイヤチェーンが切れてしまう。スタッドレスタイヤを装備してないため、ノーマルタイヤで業務に就かせています。
雪の降った後日は、アイスバーンで路面がツルツルで光っていま す。 ★ブラックアイスバーン★
まさに、死亡事故を起こさないのが神業としか思えません。
●経費削減のため、全国の集配郵便局で二輪バイク整備士の免許のない局員に整備させます。
(チェーン調整・サイドスタンド交換・ヘッドライト交換・オイル交換など)

■■日本郵政グループの不祥事をマスコミ各社へ皆で内部告発■■

ブラック企業日本郵政グループ全ての3事業で不祥事何やってんだ!
●かんぽ生命・・・・・保険料を二重に徴収するなど不適切販売の恐れのある契約が、過去5年だけで約18万件にのぼることを明らかにした。
“被害”がここまで拡大したのは、多くの高齢者が「郵便局ブランド」に絶大な信頼を寄せていたからだ。

●ゆうちょ銀行・・・・・70歳以上の高齢者に対してリスクを十分説明しないまま投資信託を販売していた疑いが指摘されている。
今年6月に発覚したこの問題では、全国に約230ある、ゆうちょ銀行直営店の約9割で、高齢者への勧誘・販売の際に
健康状態や理解力を確認する社内ルールが守られていなかったことが明らかにされたのだ。

●郵便事業・・・・・■■郵便局幹部が切手換金5億円着服■■切手着服「なぜ公表しない」 高市総務相が日本郵便に行政指導

81 :〒□□□-□□□□:2019/11/23(土) 19:34:37.19 ID:7+8CRJVq

■■ブラック日本郵便は全国の郵便局でアルバイトが集まらないので 、募集のチラシを年間に何回も全戸配達させる。通信事務郵便収益なし!
ゆうちょ銀行・かんぽ生命のチラシ・タウンメール・タウンプラスが全戸配達なので、 全国の郵便局配達員を苦しめている。

■ブラック企業大賞2016 ダブル受賞後、未だに改善されない日本郵便の裏の顔(ブラック職場環境)が全国の郵便局にある。
「慢性的な人手不足が続き、 ※全国の郵便局で昼休みの食い込み労働が頻繁にある状態だ。★休息時間30分が毎日取得できない状況で管理者も改善努力が見受けられない!
■■ブラック企業日本郵便の歩道を走る赤バイク■■ ・・・・日本全国から目撃者はユーチューブに投稿しましょう。

■安全衛生法違反だらけの日本郵便■
冬期軽四輪車・集配バイクにスタッドレスタイヤを装備させない郵便局が日本全国に多くある。
5cm位の降雪ではタイヤチェーンが切れてしまう。スタッドレスタイヤを装備してないため、ノーマルタイヤで業務に就かせています。
雪の降った後日は、アイスバーンで路面がツルツルで光っていま す。 ★ブラックアイスバーン★

●経費削減のため、全国の集配郵便局で二輪バイク整備士の免許のない局員に整備させます。
(チェーン調整・サイドスタンド交換・ヘッドライト交換・オイル交換など)

■■ブラック企業日本郵政グループ全ての3事業で不祥事何やってんだ!■■・・・・もう!国民に信用されない。
●かんぽ生命・・・・・保険料を二重に徴収するなど不適切販売の恐れのある契約が、過去5年だけで約18万件にのぼることを明らかにした。
“被害”がここまで拡大したのは、多くの高齢者が「郵便局ブランド」に絶大な信頼を寄せていたからだ。

●ゆうちょ銀行・・・・・70歳以上の高齢者に対してリスクを十分説明しないまま投資信託を販売していた疑いが指摘されている。
今年6月に発覚したこの問題では、全国に約230ある、ゆうちょ銀行直営店の約9割で、高齢者への勧誘・販売の際に
健康状態や理解力を確認する社内ルールが守られていなかったことが明らかにされたのだ。

●郵便事業・・・・・■■郵便局幹部が切手換金5億円着服■■切手着服「なぜ公表しない」 高市総務相が日本郵便に行政指導

85 :〒□□□-□□□□:2019/11/24(日) 19:49:17 ID:gWdrR+0p

■■日本全国にある赤字運営の特定郵便局が日本郵政グループのお荷物癌である。■■

全国郵便局長会(特定郵便局長会)が、日本郵政グループの健全な運営に影響を与えている。
赤字運営の特定郵便局が全国各地に数えられない程ある。
ほとんどが赤字運営で局舎家賃・維持費・人件費等が日本郵政グループのあしかせになっている。

91 :〒□□□-□□□□:2019/11/29(金) 18:07:43.31 ID:H8blgjYO

■■全国郵便局長会政治がらみで,既得権益を守る。■■

■■日本全国にある赤字運営の特定郵便局が日本郵政グループのお荷物,癌である。■■

全国郵便局長会(特定郵便局長会)が、日本郵政グループの健全な運営に影響を与えている。
赤字運営の特定郵便局が全国各地に数えられない程ある。
ほとんどが赤字運営で局舎家賃・維持費・人件費等が日本郵政グループのあしかせになっている。

★オーナー局長は、局舎家賃年間数百万円と局長給与700〜1000万円で、楽して丸儲け

■特定郵便局長が勤務時間に業務以外のことしていたら,
マスコミ各社・ユーチューブ・総務省に内部告発・・・・・★例えば,選挙活動など! 利権絡みの政治活動!
特定郵便局長の選挙活動が勤務時間中かチェック!訪問日時と紹介者名簿を記録に残しましょう。

95 :〒□□□-□□□□:2019/12/01(日) 16:30:44.89 ID:nUPTgwa2

■■全国郵便局長会政治がらみで,既得権益を守るため!■■・・・・政治がらみ選挙活動に必死。
●本当に、田舎の局長は必要なのだろうか?
  5〜10局まとめてでも、大丈夫だろう!
  移動郵便局で充分!
  コンビニ店長で充分 !
★特定郵便局なんて全国で約20,000局もあるが、そんなに必要でない。赤字の根源だ!

■■日本全国にある赤字運営の特定郵便局が日本郵政グループのお荷物,癌である。■■

全国郵便局長会(特定郵便局長会)が、日本郵政グループの健全な運営に影響を与えている。
赤字運営の特定郵便局が全国各地に数えられない程ある。
ほとんどが赤字運営で局舎家賃・維持費・人件費等が日本郵政グループのあしかせになっている。

★オーナー局長は、局舎家賃年間数百万円と局長給与700〜1000万円で、楽して丸儲け

■特定郵便局長が勤務時間に業務以外のことしていたら,
マスコミ各社・ユーチューブ・総務省に内部告発・・・・・★例えば,選挙活動など! 利権絡みの政治活動!
特定郵便局長の選挙活動が勤務時間中かチェック!訪問日時と紹介者名簿を記録に残しましょう。

100 :〒□□□-□□□□:2019/12/05(木) 20:26:51.64 ID:Zf8rjihS

これじゃあ、読まない。

108件をまとめました。
最新情報はこちら