幸福の科学の芸能人って新木優子だけじゃないんだな

1 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:09:29 ID:O.net
ソースは2以降

2 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:10:48 ID:0

ふみか

3 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:10:48 ID:0

胡散臭い奴ばかり

https://rank1-media.com/I0000318

4 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:11:11 ID:0

大川隆法先生の愛人が新木優子?

5 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:11:18 ID:0

マジだったんだな

6 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:11:34 ID:0

◆幸福の科学と決別した大川隆法の長男 大川宏洋が教団の嘘を次々と暴露

「大川隆法は頭がおかしい。勝手に北川景子や新木優子を信者にでっち上げた。名誉毀損です」

<最初に>
・生まれてからずっと教義を教えこまれてきたが、年齢を重ねると自分の考えと違う違和感が増えてきた。
・一番大きいものは大川隆法が至高神で、総裁と同じ考えを強要されること。
・総裁と違う考えを持つとすぐ悪魔認定される。こんなのありえない。
<アンチにはならない>
・大川隆法のやることのに手を貸すことはしない。彼は彼なりにやりたいことやればいい。
・幸福の科学被害者の会から連絡来るが、そもそも宗教関係をやる気がない。宗教にはうんざり。

<清水富美加>
・教団と絶縁するきっかけは清水富美加の事件
・別に前の事務所やめてくるっていうのは別にいい。でも筋を通すべき。いま契約してる仕事は終わらせるべき。
・あの件を扇動した大川隆法の責任である。
・清水と初対面のとき高畑裕太に似ていると言われた(笑)

<新木優子>
・新木優子さんの件。一方的に大川隆法が守護霊霊言で信者だとでっち上げたのは最悪。
・本人がどんなに嫌な気持ちになったのか考えたのか?と
・当時教団は、新木さんに映画の出演依頼をしたものの断られた。

<北川景子>
・北川景子さんの守護霊霊言のあれも最悪。
・大川隆法は北川景子の大ファンだった。ショックなのはわかるけどあんなの名誉毀損

<最後に大川隆法について>
・一言。世の中の迷惑かかることはやめてくれ。
・関係者の皆様、父がご迷惑をかけて本当にすみませんでした。身内として謝罪します。
・大川隆法とは一生連絡とりません。一切幸福の科学と関わりません。
・教団は1200万人信者がいると言ってるが、実際は1万3千人程度(笑)
・大川隆法は結婚する32歳まで童貞だった。

7 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:11:51 ID:0

景山民夫

8 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:12:05 ID:0

>>1
新木優子は、幸福の科学を思いっきり拒否してるわなw

新潮
『出家なんかしないし、事務所には迷惑をかけないので仕事を続けたい』

9 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:12:06 ID:0

社長が認めたと何処かで見たわ

10 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:12:15 ID:0

新木は幸福の科学じゃないよ
大川の長男?次男?が否定してた

11 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:12:31 ID:0

新木優子ってガチ処女のレズの子だっけ???

12 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:12:50 ID:0

>>11
そう
前からレズの噂はあったがとうとう写真撮られた

レズの新木優子さん、谷まりあと『親密な仲』 徒歩1分の近所に引っ越していた

東京都内、9月のある夜──長身のスレンダー美女がタクシーから降りてきた。両手にたくさんの買い物袋をぶら下げていたのは、モデルや女優として活躍中の新木優子(25)だ。
そして、同じように紙袋を持ってタクシーから降りたのは、ハーフタレントとして人気の谷まりあ(24)。
この2人、大の仲良しだという。実は2人はご近所同士。最近になって、新木が谷の近くに引っ越してきたというのだ。

「新木さんはずっと実家に住んでいたんですけど、『引っ越すなら、まりあの近くがいい』と、彼女の家の近くに引っ越したそうです。
お互いの自宅は1分もかからないくらいの距離。互いの家をよく行き来しているようです」(谷の知人)

 新木のインスタグラムを見ると、もっとも頻繁に登場している友人のひとりが谷だ。
2月には〈二人ともすっぴんで、、ゆったりな時間を過ごして、、癒やされました〉と、すっぴんツーショットを公開。
4月にはインドネシア・バリ島へ“女子旅”。おそろいのワンピース姿や、夕日が沈む海辺でのツーショットなどを投稿している。
とても忙しい彼女たちが頻繁に遊ぶ余裕はあるのかと思ったら、引っ越ししてまで“2人の時間”を作っていたというわけだ。


13 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:13:06 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントで>>999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人の>>999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

14 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:13:13 ID:0

>>11
なわけねえだろ
肉棒大好きだよ

15 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:13:13 ID:0

>>3
二位ってどういうこと?
身分か?

16 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:13:16 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントで>>999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人の>>999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

17 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:13:23 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントで>>999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人の>>999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

18 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:13:55 ID:0

>>12

わろたw

新木優子てマジで処女のレズビアンなのかw

19 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:14:06 ID:0

>>3
酷い顔ぶれだな

20 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:14:09 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントで>>999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人の>>999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

21 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:14:14 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントで>>999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人の>>999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

22 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:14:34 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントで>>999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人の>>999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

23 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:14:38 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントで>>999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人の>>999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

24 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:14:42 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントで>>999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人の>>999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

25 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:15:06 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントで>>999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人の>>999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

26 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:15:09 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントで>>999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人の>>999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

27 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:15:13 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントで>>999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人の>>999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

28 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:15:20 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントで>>999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人の>>999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

29 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:15:25 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントで>>999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人の>>999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

30 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:15:31 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントで>>999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人の>>999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

33 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:19:16 ID:0

>>3
位の高さがNo.2ということ?

35 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:20:03 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントで>>999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人の>>999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

38 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:20:32 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントで>>999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人の>>999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

39 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:20:42 ID:0

>>32
認めてるじゃん
しかも特別待遇のVIP信者

43 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:21:44.04 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントで>>999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人の>>999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

44 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:21:48.51 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントで>>999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人の>>999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

45 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:21:52.75 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントで>>999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人の>>999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

49 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:23:03.70 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントで>>999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人の>>999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

55 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:24:19.52 0

>>3
17人もいるのかと期待させておいて、実際は信者じゃない奴ばかり

58 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:25:56.60 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントで>>999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人の>>999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

59 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:25:59.44 0

アンジュエルwww

61 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:26:08 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントで>>999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人の>>999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

62 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:26:17 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントで>>999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人の>>999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

68 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:27:04 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントで>>999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人の>>999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

71 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:27:20 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントで>>999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人の>>999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

81 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:29:42 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントで>>999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人の>>999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

85 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:30:44 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントで>>999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人の>>999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

91 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:31:44 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントで>>999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人の>>999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

95 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:35:18 ID:0

>>1-94
ガチで事務所に通報されてるってのに、たった1匹で必死に粘着してるなあ
スレ中身の名誉毀損の捏造レスだってお前の連帯責任だぞ
まあ名誉毀損レスもお前の自演か
名誉毀損レスの常習犯すぎて逮捕免れないなお前

>名誉毀損の捏造レスを事務所に通報している
>通報といってもメールで通報したんだけどね
>そしたら今後も重ねて通報してくれってメールで返事があったから捏造レスを見つけるたびに通報することにしている

326 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/10/21(月) 07:24:51.01
>>323
なんで今後も通報してくれって返事もらったの?

328 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/10/21(月) 07:43:15.56
>>326
そりゃ数が多いほうが確実に逮捕に追い込めるからでしょ

過去の芸能人に対する誹謗中傷、名誉毀損で訴えられたケースを見ても、1レスや2レスした程度じゃさすがに訴えない

でも、名誉毀損の捏造レスしているキチガイはずっと捏造レスしていて常習犯だからね。
数がとにかく多いので逮捕に追い込める。
だから、それを見つけるたびに通報してくれって返事もらったわけよ。

100 :名無し募集中。。。:2019/11/08(金) 09:37:35 ID:0

>>98
肯定してたら自分の SNS で発表してるわアホ

清水富美加みたいにな

300件をまとめました。
最新情報はこちら