昔の作曲家って地位低かったってマジで?! [134367759]

1 ::2021/09/10(金) 17:12:05.04 ID:wUAsIeRD0.net ?2BP(1500)
https://img.5ch.net/ico/gikog_ichigo.gif
「2030」目標は先送り 女性の地位向上はなぜ遠い?
https://www.asahi.com/articles/ASN957KZHN8XUTIL05F.html

126 ::2021/09/12(日) 11:28:31.40 ID:96uaIdYQ0.net

スピーカーなんてない時代には演奏家のほうが重要だっただろうね

101 :名無しさんがお送りします:2021/09/11(土) 20:44:39.02 ID:H9CgN23nP

>>100
  「親が音楽家」は、流行歌の世界ではほとんどないんじゃないかな。有名な作曲
 家でもそう。筒美京平、船村徹、古賀政男、小関裕而、都倉俊一、松任谷由実、
 遠藤実、吉田正、中島みゆき、谷村新司、平尾昌晃、三木たかし・・・・・・・
  全部該当なし。

8 ::2021/09/10(金) 17:22:31.56 ID:wUAsIeRD0.net

一緒に死んで頂戴 ピッ

99 ::2021/09/11(土) 19:37:37.72 ID:SPMCV/on0.net

以前は作曲家は歌手にとって絶対的な存在の先生で、レコーディングにも参加したり
時には枕営業してもらったりだったようだけど、今ってもうそんなの全然なくて
コンペで何百何千曲と応募する中から選ばれるだけで、レコーディングにつきあうことなんかないし
時には著作権はく奪されてその時だけ金もらって終わりとかあるらしいな

90 ::2021/09/11(土) 09:34:10.22 ID:dyr49Std0.net

まあでも、昔の金持ちがぽっと出の若手の新作聞いて、評価して金出せっていうほうがムズイと思う
売れるまでのルートがよくわからないっていうか
大昔はインディーズとかないじゃん

52 ::2021/09/10(金) 18:51:33.42 ID:iDA7ExGn0.net

今も業界やマスゴミは歌手ばっか持ち上げて作曲家には感謝の言葉すらないじゃん

128 ::2021/09/12(日) 11:36:31.99 ID:FziPN2tm0.net

モーツァルト何かも極貧生活の上最期は共同墓地にポイ捨てで遺骨の場所すら不明だもんな🙄
地位が高ければそれなりに丁重に葬られて貰っただろうに···

113 ::2021/09/12(日) 08:16:48.63 ID:Tzai5X4P0.net

ロマン派以降の作品て作曲家はどうやって曲作りをしてるのか気になる
頭の中で鳴ってる音を記譜してるのかそれとも楽譜上に書いてみながら組立ててるのか
リヒャルト・シュトラウスやワーグナーなんてあんなものがいきなり思い浮かぶなんて想像出来ないのだが

20 ::2021/09/10(金) 17:34:29.03 ID:DDNeMeqG0.net

ファッツ・ウォーラーはホイホイ曲を生み出す作曲能力があったが
禁酒法時代に酒と曲を物々交換していたらしい

83 :名無しさんがお送りします:2021/09/10(金) 23:09:36.94 ID:JbkG0SiS+

>>76
  >ビーチボーイズも金をふんだくられたのかな?

  ビーチボーイズの最初の大ヒット「サーフィンUSA」はチャック・ベリーの
 「スイート・リトル・シックスティーン」のメロディーをそのまま使ってるが、
  俺の持っている「POPS 名盤名曲」という本を見ると、作曲はC・ベリーに
  なってるから、録音前にC・ベリーの了解を取っていたんだと思う。著作権
  侵害で訴えられたという記述はない。元曲より上出来な曲なことは間違い
  ない。

9 ::2021/09/10(金) 17:23:16.17 ID:zBgaEOPe0.net

著作権とか印税とか今日の在り方になるまで200年くらい掛かってる 作家の先祖がコツコツ権利を獲得してきたんだぜ

29 ::2021/09/10(金) 17:43:38.40 ID:aK7+XplA0.net

昔の作品を適当につまんで張り合わせただけなのに権利というのはおこがましいと作曲家の私は思う
料理の味付けのほうが私にとってはすごい権利に思える

21 ::2021/09/10(金) 17:34:56.04 ID:g3Kddf9V0.net

>>15
モーツァルトの少し後の時代に
レストランで自作曲を無断で生演奏していたので怒って代金を払わなかった作曲家が居て裁判になり
それで著作権が

107 ::2021/09/12(日) 04:31:02.47 ID:M+P4Y9y/0.net

中韓はアメリカの名門ロースクールに留学生大量に派遣して
アメリカの知財関連法の取り込みに積極的だけど
日本の法学生はその留学生皆無、
んで日本の法学部は憲法学者と称する糞の役にも立たない法学者を大量排泄

>>1ですらもう負け越してるんじゃ無いかな

117 ::2021/09/12(日) 09:00:31.22 ID:EzNVM9lE0.net

正直、明菜のミ・アモーレ以上に素晴らしい楽曲は生まれてないよね
こんなに素晴らしい曲、邦楽はもちろん洋楽にもない
ミ・アモーレを作曲した松岡直也は天才と言っていい

81 ::2021/09/10(金) 22:36:46.79 ID:wCbzIjQS0.net

>>50
そういえば作曲家の田中公平さんが芸大の学生だった時に調性のある曲を書いてたのは自分と青島広志さんの二人しかいなかったと言ってました

70 ::2021/09/10(金) 21:25:32.77 ID:pAynRdB80.net

資本主義のおかげだよ
バロックから古典派にかけての時代は教会か世俗領主のお抱えがないとやっていけなかった
職業としての作曲家が確立したのはベートーベン辺りからだと言われている

131 :名無しさんがお送りします:2021/09/12(日) 14:48:59.07 ID:ipgss2V0p

>>127
  ショパンとリストは大作曲家であり、大ピアニストだったけどな。モーツアル
トの時代にはピアノはまだなくて、その前身の鍵盤楽器だったが、もちろん名演
奏家だった。

15 ::2021/09/10(金) 17:28:51.59 ID:8CGEXVP40.net

>>9
たった200年で出来上がったのか

31 ::2021/09/10(金) 17:48:38.64 ID:mfSpJ/gj0.net

カツラ被るから禿げても安心

102 ::2021/09/11(土) 22:54:17.65 ID:XGi3j6dR0.net

>>98
その頃は逆に若い作曲家志望の入っていける隙がなく
いわゆるフォークソングというものだけ場所が開いてたから
自分も含め曲作りたい若造はフォーク歌手と言われるデビューになったんだと
さだまさしが言ってたな

110 ::2021/09/12(日) 05:02:55.31 ID:GaLHlMua0.net

>>104
こんなところにも名前出てくるのか
福沢さんは忙しいね
情報収集自体それなりに時間かかる時代だったろうに
一人だけスマホでグーグル見てたスピード感だな

30 ::2021/09/10(金) 17:44:47.03 ID:BbzQv4KX0.net

バロックの宮廷音楽家は料理人と一緒にめし食っていたわけでして

35 ::2021/09/10(金) 17:53:25.57 ID:RfZO1Biq0.net

それより過去の偉大な作曲家に女性がいるのか気になる

61 :名無しさんがお送りします:2021/09/10(金) 19:49:54.65 ID:JbkG0SiS+

ビートルズは作詞・作曲・歌・演奏のすべてが4人で自己完結していた最初の
バンドだったかもしれない。チャック・ベリーも基本的にそうだったが、ソロ
だったので、歌と演奏については対位旋律がなくて単純だった。初期のビート
ルズはチャック・ベリーの曲をいくつか録音していた。チャック・ベリー以前
では、カントリー&ウエスタンのハンク・ウィリアムズや、ポール・アンカ、
ニール・セダカが演奏以外は自己完結型だった。

36 ::2021/09/10(金) 17:54:06.03 ID:DDNeMeqG0.net

バッハなんかそうだけど
作曲家1本なんかじゃなくて世間にとってメインはあくまで教会オルガン奏者
バッハはカソリックの曲はやりたくないので
使命感にかられてプロテスタント用の新曲を作っては教会でオルガンひいてたらしい

42 ::2021/09/10(金) 18:03:36.33 ID:IEnJuRo20.net

>>18
教会派閥とエンターテイメント派閥で違うよな?

78 ::2021/09/10(金) 22:27:25.19 ID:vHch+NgW0.net

>>44
みんな貧乏が悪いよ

105 ::2021/09/12(日) 04:12:02.78 ID:yU5UjDdU0.net

>>104
そうらしいな。
著作権・印税契約をはっきりさせようとした福沢だが、当時の日本では奴は金に細かいと悪評が立ち、「三田の拝金教」などと悪口を言われたりもした。

88 ::2021/09/11(土) 09:25:22.96 ID:Hnr2yAZO0.net

バッハが活躍していた頃
一番の売れっ子作曲家だったのはテレマン

138 :名無しさんがお送りします:2021/09/13(月) 11:08:39.90 ID:7tKugadmW

>>113  とか >>127   って、バカバカしいほどレベルの低い書き込みなんだがw
あんたら、良い音楽聞いてないんじゃない? 音楽ファンとは思えないレベルの
低さなんだけどwww

64 ::2021/09/10(金) 19:59:31.59 ID:1w0L/WJY0.net

>>3
売れっ子はね。

58 ::2021/09/10(金) 19:27:42.60 ID:UHyr0HjF0.net

指を使う職業は身分が低かったよ

44 ::2021/09/10(金) 18:24:29.76 ID:FFVQGSLy0.net

>>18
教会宛に「もっと給料上げてくださいよー。子沢山で色々大変なんです」と書いた手紙が残ってる。

77 ::2021/09/10(金) 22:20:38.97 ID:aHsV++Ny0.net

えー古代律令制ですでに雅楽寮があったくらいだから
地位あったんじゃねーの
東儀とか芝とかみんなこの子孫でそ

48 ::2021/09/10(金) 18:38:24.86 ID:Yv5WM8B30.net

>>6
ていうか昔の作曲家はみな新垣氏の立場だった訳だよ
歌手は注目されるけど作詞作曲はあまり注目されない
1970年代80年代ごろから「シンガー・ソングライター」と言って作詞作曲して自分で歌う歌手が注目されて
90年代のバンドブームでそれが当たり前になって、「アーチスト」と呼んで褒めそやすようになった

118 ::2021/09/12(日) 10:40:26.98 ID:KLjThKoy0.net

モーツァルトは発達障害のサヴァンだからな
誰かが居ないと生活もままならない

122 ::2021/09/12(日) 11:17:30.99 ID:/QWkwda30.net

>>77
その頃の日本だと音楽(雅楽)は公家の重要な教養の一つだったしな

26 ::2021/09/10(金) 17:41:37.45 ID:DDNeMeqG0.net

教会音楽や宮廷音楽の時代は教会の司教や貴族に雇われていたのが
市民がオペラやホールで音楽を楽しむようになって
楽譜出版の印税で食うという形が生まれてきた

76 ::2021/09/10(金) 21:56:29.21 ID:MIJowfsn0.net

>>59

ビートルズ(ジョンレノン)はチャックベリーのユーキャントキャッチミーをパクってカムトゥゲザーを作曲したと訴えられて金をふんだくられた

ビーチボーイズも金をふんだくられたのかな?

ローリングストーンズみたいに従順にリスペクトしながらカバーしていればチャックベリーもゴキゲンだったという事だな

59 ::2021/09/10(金) 19:27:51.76 ID:CpA9zjcu0.net

>>57
スウィートリトルシックスティーンからのさーふぃんUSAだからな。
サーフィンUSAは作曲の所にチャック・ベリーと書いてあるよな。

5 ::2021/09/10(金) 17:17:42.57 ID:wUAsIeRD0.net ?2BP(1500)

https://img.5ch.net/ico/gikog_ichigo.gif
https://www.youtube.com/watch?v=L9yiU-M1N4Q

ごめんなさい、先ほどMAGIのプログラムを変えさせてもらいました。

134 ::2021/09/12(日) 19:07:12.72 ID:iRDpiCNG0.net

作曲家より、編曲家の方がもっと悲惨だったろ

86 ::2021/09/11(土) 03:18:37.61 ID:3BJjtokw0.net

>>18
オルガン奏者なんて教会の中では牧師の説教の合間にBGM流すおっさん役でしかなかった
現代に例えると、人間CDプレーヤーの地位が高いわけねーわな

132 ::2021/09/12(日) 17:50:24.57 ID:+IPYsyoD0.net

JASRACがなかったから作曲の収入は楽譜の出版料しかない
あとは貴族のパトロンを持つか

40 ::2021/09/10(金) 17:57:15.34 ID:Zm2WQWzP0.net

右翼の巨頭とネトウヨくらいの差があった。

11 ::2021/09/10(金) 17:25:00.61 ID:lcKHwBeW0.net

お腹を満たすわけでもない
寒さを防ぐわけでもない
この辺りが満たされた人にのみ支持される

67 ::2021/09/10(金) 20:31:13.60 ID:FfwAMfZt0.net

>>32
ワルトシュタイン最高なんだが

55 :名無しさんがお送りします:2021/09/10(金) 19:30:58.25 ID:JbkG0SiS+

>>27
  >21世紀に突入してからは作曲家の地位なんて再び地に落ちたろ

  そのとおりだ。アメリカの大衆音楽は1970年代あたりで全盛期が終わった
 と思うね。アメリカのがつまらなくなったので、俺はクラシックやジャズを聴き
 始めたから。日本は1970年代から80年代が大衆音楽の全盛期だったな。

2 ::2021/09/10(金) 17:14:03.20 ID:tzcB1FUF0.net

今もゴミレベルでしょ